ブログ

7月9日 日めくり祇園祭 『祇園祭 献燈』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は祇園祭の際にお店で飾られる

献燈(ちょうちん)です。祇園祭の献燈は特徴があるんですよ!




この献燈はあるお料理屋さんのものなんですが、なにか気がつかれませんか?


そう、提灯に”傘”がついてるんですね。






他のお店でも同様に献燈が灯されるようですが、提灯はまだこれから…というところが

多かったです。





とあるお店で、献燈を取り付けられているところを偶然取材できました。

ところで、どうして「提灯+傘」の組み合わせなのでしょうか。


諸説あるようですが、昔は灯りがろうそくであったため、雨の時を考えて提灯に

”傘”をさしたのが始まりのようです。

提灯にも傘なんて、思いやりがありますよね。




宵山の期間辺りに合わせて、このタイプの献燈がたくさんお目見えします。

今年の宵山はちょうど週末にあたるため、このブログをご覧の方の中にも

祇園祭を見物される方がいらっしゃるかもしれませんね。

山や鉾の「駒形提灯」もいいですが、傘付きの灯りにもぜひ注目してくださいね。(梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月8日 日めくり祇園祭 『綾傘鉾 稚児社参』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は7日の七夕に八坂神社で行われた

「綾傘鉾稚児社参」をお伝えします。



京都では梅雨時とはいえ、この日はまるでバケツをひっくり返したような雨に見舞われてしまい、

行事を行う方も、見る方もひと苦労となりました。




”滝のような”という例えがしっくりくるほどの大雨。





本殿で「結納の儀」と呼ばれる儀式がおこなれれた後、傘の花が咲く中、綾傘鉾の役員の方が

お稚児さんたちを従えて本殿から出てきます。




お稚児さんは主に5,6歳の子供さん。長刀鉾のお稚児さんと比べるとあどけない。

そこがいいんですね。




一般から公募で選ばれるお稚児さんは雨でも元気一杯!足をポンッ!と蹴りあげたり、




鼻を「にゅん」と押してみたりと、周りはほのぼのとした雰囲気に包まれます。




にしても、あまりにも雨がひどいため、本殿の周りをまわっての参拝は中止となりました。




シブイ…シンプル・イズ・ベスト。雨だからこそ見られた綾傘鉾番傘




参拝は中止でも、南楼門(正門)の撮影はなんとか行われました。たくさんの方がシャッターを切っていても

お稚児さんたちはリラックス。巡行当日もその調子でね!   (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月7日 日めくり祇園祭 『長刀鉾 稚児舞披露』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は5日の火曜日に行われた長刀鉾の

「稚児舞披露」の様子をお伝えします。


長刀鉾では、5日に「吉符入(きっぷいり)」という行事が始まり、長刀鉾の祇園祭が正式にスタートしました。

その吉符入にあわせて行われるのが、山鉾巡行の時に長刀鉾に乗るお稚児さんや禿(かむろ)による、

『稚児舞披露』です。

稚児舞披露とは、山鉾巡行時に長刀鉾で舞う「太平の舞」という踊りを一般にお披露目するもの。

お稚児さんのお披露目の場でもあり、ある意味、巡行当日より緊張するのだとか。




開始時刻の15時を過ぎていますが、”待ち人来たらず。”たくさんの人が今か今かと”その時”を待ちます。

観衆は会所の前だけにとどまらず、





通りを挟んだ向かい側にもびっしり。




テレビの取材もいくつもきており、受け入れ態勢バッチリです!

そうこうしていると、なにやら会所の二階が騒がしくなり、、





主役の登場です!なんでもお稚児さんの胸のところにある太鼓(鞨鼓・「かっこ」というらしいです)は

200年ぶり(!)に新しくなったのだとか。なるほど、”朱”が鮮やかですね。




禿さんたちがつかまっている紐は巡行当日も長刀鉾に備え付けられています。まさに、

”本番さながら”なんですね。




”一瞬”を切り取った写真ばかりもなんですので、ぜひ動画もご覧ください。






稚児舞披露を終え、お稚児さんの白井君は「度胸がついた」とコメントしていました。将来大物間違いなしですね!


余談になるのですが、この稚児舞を見ていた、いかにもお稚児さんのお母さんらしき和服姿の女性が、

どうも知り合いに似ているんですね。

意を決して、「あの、、、恐れ入ります。ひょっとして○○さんですか?」と聞いたところ、

「あら、梅やん」

という答え。今年のお稚児さんのお母さんは、なんと私の小中学校の同級生でした。

世間って案外狭いのね。 (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月6日 日めくり祇園祭 『みやび会お千度』
   ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は5日の火曜日に行われた「みやび会お千度」

の様子をお伝えします。


この「みやび会お千度」は、京舞井上流の門下生が芸の上達を願い、祇園祭の時期に行われる行事です。





本殿でおはらいを受け、芸妓さんや舞妓さんが本殿から出てきます。




京舞井上流家元の井上八千代さんも取材ににこやかに答えていらっしゃいました。

祇園祭の無事と、秋に京都で行われる「国文祭」のことをお話しされていました。




昨晩は竜巻注意報が出るほどの大荒れの天気だった京都ですが、「みやび会お千度」に合わすかのように

夏空が広がりました。白地の浴衣が青空に映えます。






本殿でお祓いを受けた方から、西楼門に順次並んでいきます。




「皆さん、おそろいですか〜?」




「ちょっとの間でいいですから、傘をたたんでもらえますか〜」




「ありがとうございます〜。では、一枚とりますよ〜」


というやりとりがありお開きとなった、今年の「みやび会お千度」。蒸し暑い京都にあって、涼やかな

風を感じるひと時でした。 (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月5日 日めくり祇園祭 『二階囃子』
   ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は各山や鉾の会所で行われている

お囃子の練習の様子をお伝え致します。





お囃子の練習はどの会所でも二階で行われるので、『二階囃子』と呼ばれています。

練習とはいえ、素人の私からすればもう“本番そのもの”で、ゆっくりとお囃子を聞ける

二階囃子がある意味、山鉾巡行以上に楽しみであったりするんです。




ご近所の方にしても、「7月1日はお囃子の日」になっているんでしょうね。二階囃子が”夏到来のサイン”
だなんて、素敵です。




放下鉾(ほうかぼこ)の二階囃子の様子です。今回ご紹介している新町通にある山や鉾は、

四条通の鉾に比べて、ゆったりとしたペースで聞くことができるので、オススメです。




こちらは「鶏鉾」。この鶏鉾は室町通という通りにあります。




そして、こちらが新町通りにある北観音山という山の二階囃子です。山とは言っても、そのうちの

いくつかは鉾と同じくらい立派なものがあり、お囃子も演奏されるんです。




北観音山の二階囃子の様子です。動画はほんの数十秒ですが、実際の練習は数時間に及びます。


お囃子をするとなったら、成人して仕事の関係で京都を離れても、祇園祭の時は帰ってこないといけないと

聞いたことがあります。伝統を守るというのはたくさんの方の努力があってのことなんですね。 (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月4日 日めくり祇園祭 『街は”祇園祭モード”』
   ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は祭りが行われている

四条界隈の街の様子をお届け致します。7月1日になった途端、街は「祇園祭モード」に

切り替わるんです。




こちらは、とある百貨店の入口。祭りの始まりと夏のバーゲンの時期が重なるんですね。




メインストリートとなる四条通。7月中は祇園祭特製提灯がデコレーションされ、街の様子は一変します。




修学旅行で通った方も多いのではないでしょうか。お土産物屋さんが所狭しと並ぶ新京極通も

”祇園祭仕様”となります。




通りの中で京小物を扱うお店ではディスプレイもお祭りムードになっていました。




ミニチュアの鉾を買うこともできます。とても精巧に作られているんですよ。


実際に写真を撮ったのは7月1日の祇園祭当日にもかかわらず、すでに街の様子が変わっておりました。

四条通の提灯などは7月1日の朝には飾り付けができていましたから、まさに「ヨーイドン!!」で

”祇園祭モード”に突入するんですね。仕事が速い!(梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月3日 日めくり祇園祭 『やったぞ!霰天神山』
   ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』で取り上げるのは、

昨日7月2日に京都市役所で行われた「くじ取り式」です。


この「くじ取り式」は、山鉾巡行の際の並び順の争いが絶えなかったことから、

長刀鉾など代表格の山鉾を除いて、くじで並び順が決められるようになりました。

このくじ取り式が始まったのが、なんと、、


     『500年以上前』


なのだそうで、いやはやなんとも参ったとしか言いようがありません。


さてここで、私は個人的に「くじ取り式」の時には霰天神山を応援しています。


昨年も話題にしたのですが、この霰天神山が町内一丸となってその結果に一喜一憂されている

様子が感じ取れるんです。



で、今年のくじ取り式ではなんと、、


     『山一番は霰天神山』


だったんです。応援した甲斐がありました!(←全くよそ者なんですが…)


昨日の夕方に霰天神山のあたりを取材しに行きましたが、もう、”山一番”のお知らせが

いたるところに貼ってありました。おめでとうございます、霰天神山の関係者の皆様。



霰天神山の会所は、戸こそ閉まっていますが、




そこにはもちろん、”山一番”のお知らせが。




同様に、並びにある中国料理のお店や、




色々なお店、もしくは一般のおうちに至るまで、”山一番”のお知らせが張られていました。

やはり、名誉なことなんですね。


今年の山鉾巡行は、長刀鉾のすぐ後の霰天神山に注目ですよ!!(梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月2日 日めくり祇園祭 『長刀鉾町お千度』
   ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は昨日、7月1日に八坂神社で

行われた「長刀鉾町お千度」の様子をお届け致します。




あいにくの雨のスタートとなった今年の祇園祭ですが、そんななか今年の長刀鉾町のお稚児さんと

禿(”かむろ”と読みます)さんが八坂神社を参拝し、祭りの無事を祈りました。


動画で、本殿で参拝している様子をご覧頂けますので、クリックしてみてくださいね。

          ↓          ↓          ↓



参拝は本殿のぐるりを3周するのですが、たくさんの人数で拝むことから、

  33人(実際はもっとたくさんの人数です)×3周≒1000

で、”お千度”というのだそうです。これ、ウソのようなほんとの話。




傘はもちろん、”長刀鉾町特製”




この日の京都は昼からお天気が回復したため、ちょうどこの時だけ雨となってしまいました。




やはり、禿さんもこの雨が気になるのでしょうね。





今年の京都は異例の早さで梅雨入りしました。ですので、梅雨明けも早まることが

予想され、そうなるとクライマックスの山鉾巡行は好天が期待(暑いですが。。)できます。

お稚児さんと禿さんとって、これからがなが〜い一ヶ月。ガンバレ〜!  (梅田)




 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月1日 「2011 日めくり祇園祭」スタート!
  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。”コンチキチン”で知られる祇園祭が今年も始まりました!

ブログで祇園祭の様子をお届けする「日めくり祇園祭」も今回で4年目。

今まで以上にパワーアップした内容で祇園祭の魅力をお伝えして参ります!


ちなみに、本日の一枚は昨年の山鉾巡行から。巡行を見るなら上の写真を撮った”新町通”が

迫力満点でオススメです!(鉾にあたるくらい間近で見られるんです)


1200年以上続く祇園祭は今や「ユネスコ無形文化遺産」なのだそうで、

世界的にも”ハク”がついたお祭りなのですね。


ちなみに、祇園祭は7月1日から31日まで一ヶ月続く、なが〜いお祭り。

主な行事を挙げてみるとこんな感じとなります。


  ■7月1日 吉符入(きっぷいり) 各山鉾町で祭の無事をお祈りする。
       長刀鉾町お千度 長刀鉾町のお稚児さんが八坂神社にお参り。
       
  ■7月2日 くじ取り式 山鉾巡行の順番をくじで決める。

  ■7月10日〜 鉾建て 各鉾が鉾を釘なしで組み上げる。
         お迎え提灯 神輿洗式のお神輿をお迎えする。
         神輿洗式 神輿を鴨川の水でお祓いする。
         
  ■7月11日〜 山建て 「縄絡み」と呼ばれる手法で釘を使わず山を組み上げる。

  ■7月16日 宵山 次の日の山鉾巡行を前にたくさんの人で賑わう。
  
  ■7月17日 山鉾巡行 祇園祭のクライマックス。32基の山鉾が都大路を巡行する。
        神幸祭 三基の神輿が京の町を巡行し、御旅所に鎮座する。
        
  ■7月31日 夏越祭 祇園祭の締めくくり。茅の輪をくぐる。


『2011 日めくり祇園祭』では、本日より7月18日までの日程で、今年の祇園祭をつぶさに

お伝えして参ります。本年も宜しくお願いします。 (梅田)



 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 2/2  << 
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode