ブログ

一休さん

こんにちは 製麺を担当しております 福田と申します。

さて 今回は 京都市の南に位置します 京田辺市にある 一休寺を訪ねてきました

屏風の絵の 虎退治等 とんち で有名な 一休さんゆかりの お寺です。

このお寺は 一休さんが 晩年をすごしたことで 一休寺と 呼ばれ

ここから 自動車でも 一時間はかかる 大徳寺まで通っていたそうです。

そして 当時としては高齢の八十六歳まで長生きされたそうです。

一休さんの お墓もこのお寺にあるのですが お墓に至る門には 菊の御紋があります

一休さんは 後小松天皇の皇子であるので 菊の御紋を使うことが許されているのです。

これは 正式に認められているので お墓は 宮内庁の管轄になっておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

| 権太呂 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
インパクト抜群!

本日は京都市下京区にある東本願寺に行ってまいりました。

間近で見ると、ものすごい大きさです。

阿弥陀堂です。

これもものすごい迫力があります。

御影堂です。

この入り口から中に入ってお参りすることができます。

中には重さ約375キロもある毛綱などあり、御影堂の大虹梁の細工の細かさは素晴らしいと感じました。

これもなかなかの迫力です!

お近くには京都タワーもあり地下のフードコートもおすすめです。

京都駅から徒歩で行ける距離なので、是非どうぞ!


包装部 大角

| 権太呂 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道地震によるお届け停止のご案内

平成30年9月北海道地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申しあげます。

このたび北海道を震源とした地震の影響のため、北海道全域への商品お届けを9月6日現在停止しております。

状況が回復次第、お届けを再開予定でございます。

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

 

京都権太呂 通信販売部

平成30年9月6日

| 権太呂 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
晴明神社

発送部の稲垣です。

いつもは通称寺を巡っているのですが、今回は機会があって訪れてきた晴明神社をご紹介します。

 

晴明神社は安倍晴明をお祀りする神社で、魔除け、厄除けのご利益があります。

 

神紋の星マークは一般には五芒星と呼ばれていますがここでは桔梗印と呼ばれていて、境内に1500株の桔梗が植えられています。

見頃は7月から9月頃までなので私が見に行った今はたくさん咲いている!って感じではなかったのですが、少しだけ咲いていました♪

 

これは晴明井という井戸で、

安倍晴明が霊力で湧き出させたと伝えられています。

晴明水と呼ばれ病気平癒や無病息災に利益があるとされています。

500mlまでなら持ち帰りもできると書かれていたので、ペットボトルかなにか持参するとよさそうですね!

私は何も持ってなかったのでちょいっと触るだけ触ってきました。

 

本殿前にある厄除桃

桃は陰陽道では魔除け、厄除けの果物と言われていて、なでることによって自分自身の厄を桃に託せます。

みんなに撫でられてツルツルの桃になっていました。

 

本殿横には推定樹齢300年を越える御神木の楠もあります。

楠は防虫効果のある樟脳の原料にもなっていた木です。

”両手を当てて大樹の力を感じ取って下さい”

と書かれていたのでがっしりと木にしがみついてきました!

残念ながら写真が撮れてなかったため御神木の姿をお見せする事ができないのですが、、

 

肖像画を元に造られた阿倍晴明公像

夜空を見上げて天体を観測し、手を衣装の下で印を結んでいる様子がそのまま像になっています。

桃と同じく撫でられる方が多いのか足だけツルツルになっていました、、!

 

9月22日から23日には晴明祭というお祭りが行われます。

みなさま京都に来られる際は立ち寄って見られてはいかがでしょうか♪

| 権太呂 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
権太呂社長 藤本和洋のブログ Vol.41

残暑厳しき折、いかがお過ごしでしょうか?

9月に入ると、晴れる日でも35度を超えるような極端な

暑さの所はなくなるようです。

秋が待ち遠しく、楽しみになってくるのは

私だけでしょうか?

実りの季節の恩恵をしっかりとつかみましょう。

秋といえば美味しい食べ物や行楽イベントなどが

目白押しです。

権太呂の通販では

脂がのった名残りの鱧と秋香る走りの松茸のお鍋を

一押しでご用意させて頂いております。

他にも、旬秋ご馳走膳や松茸ごはん、土瓶蒸し、

黄枯茶おこわ、季節のおうどん、おそばを

数多くそろえておりますので

是非とも、ご用命くださいませ。

皆様にとりまして、実り多きチャンスな月になりますよう

心よりお祈り申し上げます。

               藤本和洋

| 権太呂 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
名付け親は有名人!?

みなさま、こんにちは。

 

4回目の登場となります、調理部の柴田です。

稀にみる暑さ、豪雨などの異常気象だった8月も残すところわずかとなりました。

お盆も終わりいつもの日常が戻ってきた今頃に体調を崩しやすい傾向があります。

あと少しの暑い日々、体調に気を付けながら過ごしていきたいですね。

 

京都には歴史上の偉人、有名人に縁やゆかりのある名所、旧跡がたくさんありますが、

その中でもその場所の認知度とゆかりある有名人の知名度とのギャップが

かなりあると思われる場所を紹介したいと思います。

 

そこは「満足稲荷神社」です。

 

京都市バスの南行側「東山仁王門」バス停前です。

 

元々この神社は伏見桃山城内にあり(軽くネタバレしている感はありますが)、

その有名人が稲荷大明神の御利益に「満足」したことからこの名がついたと言われています。

その後、時の将軍徳川綱吉公により今の地に移されたとされています。

 

大通り側にも入口がありますが、正面となる南側の小道の入り口から

 

入口から入って舞台の先に本殿があります。

 

本殿はこんな感じ

 

 

舞台の左側に気になるものが二つ。

一つは御神木である「もちの木」(クロガネモチ)で、

幹から八つに枝分かれした特徴ある形をしています。樹齢は400年とのことです。

 

東大路通りからも存在感たっぷりです。

 

もう一つは「もちの木」と一緒に祀られている「岩神さん」

岩神さんをさすった手で頭をさすると頭がよくなり、

痛いところ、悪いところをさすると治ると伝えられているそうです。

 

連日の暑さで冷たいものを取りすぎている感があるのでお腹をさすっておきました。

 

さてその名付け親の有名人ですが、「豊臣秀吉」です。

 

千本旧二条のバス停前に同じくゆかりある「出世稲荷神社」がありましたが、

こちらは当時聚楽第内にあった稲荷神社に立身出世を遂げた豊臣秀吉に因んで名付けたもので、

秀吉が名付け親ではありません。 ※出世稲荷神社は左京区大原に移転しています。

 

最寄りの京都市営地下鉄、東山駅より東山・岡崎エリアに向かう途中の東大路通りに面してあります。

東山・岡崎エリアに訪れる際は覗いてみてください。

人けがあまりなく観光客にもスルーされていますが、御利益のほどは太閤さんのお墨付きです!

 

岡崎には権太呂岡崎店もございます。

あわせてよろしくお願い致します。

 

 

調理部 柴田

 

 

 

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 2/100  << >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •  123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode