ブログ

Entry: main  << >>
祇園祭の起源

調理部の小田です。

今回は、梛神社(元祇園社)を紹介します。

場所は四条大宮から西へ徒歩5分、市バスの四条坊城を下車した所。

 

 

 

 

 

 

 

 

この神社は、スサノオノミコトを主神とし、

社伝によれば、西暦869年、京都に疫病が流行したときに

牛頭天皇の神霊を播磨国(現在の兵庫県姫路市)から歓請して鎮疫祭を行いました。

この時その神輿を梛の林中に置いて祀ったことが、この神社「梛神社」の始まりとされています。

 

後に神霊を八坂(今の八坂神社)に遷祀したとき、

当時の住人が花を飾った風流傘を立て、鉾を振り、音楽を奏して神輿を八坂に送ったとされています。

これが、祇園祭の起源とのこと。

 

長年京都に住んでいて、祇園祭の始まりを初めて知りました。

とても勉強になりました。

 

小田

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
  • 「お知らせ」
Calendar
  •      12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode