ブログ

Entry: main  << >>
こんなところにひっそりと・・・

みなさま、こんにちは。

今回初めてブログを担当します、調理部の柴田と申します。

 

つい先日に自筆の書状が見つかり、

彼のおこした事件の真相に一歩近づいたのではと話題の「明智光秀」のお墓(塚)を紹介したいと思います。

 

明智光秀と言えば本能寺の変において織田信長を討った逆臣、

裏切り者の代名詞としてその名を知られていますが、

丹波を治めていた時分に領民から愛される領主であり、

また愛妻家であったという評価もあります。

 

光秀は山崎の合戦で秀吉に敗れ、居城であった坂本城(現在の滋賀県大津市)に引き揚げる途中、

小栗栖村(現在の京都市伏見区)で落ち武者狩りに会い自刃しています。

 

また光秀終焉の地である小栗栖には「明智藪」と呼ばれる場所も存在おり、

なぜ東山にお墓が存在しているのか?

(お墓の位置と明智藪は直線距離で10キロほど離れている)と疑問もありますが、

その謎についてもお墓の説明書きに記されています。

 

ぜひ京都にお越しの際はお立ち寄りになり確認してみてください。

 

 

京都市営地下鉄東西線「東山駅」が最寄駅です

 

二番出口より出て三条通りを東(蹴上方面)へ歩きます

 

白川沿い(川の東側)を南下します

 

 

100mほど歩いて「餅寅さん」の角を左へ

こんな看板も出ています

 

20m奥の左側にあります

 

 

餅寅さんの「光秀饅頭」

明智光秀の家紋として有名な「桔梗の紋」が入っています。

右は抹茶味で中身は京風白味噌あん

左は黒糖味で中身は粒あん

 

 

おまけ

近くにはこんな石碑もあります

探してみてください

 

 

 

| 権太呂 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
  • 「お知らせ」
Calendar
  • 1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode