ブログ

Entry: main  << >>
7月15日 日めくり祇園祭 『昼の宵々々山』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』はいよいよ祇園祭のクライマックスとなる、

「山鉾巡行」を前に各山鉾が勢揃いする「宵山」の初日、「宵々々山」をお伝えします。


7月14〜16日の宵山の期間中は夜の様子がよく報じられますが、昼間もおすすめなんです。

特に14日の昼間は準備に大わらわの山もあり、ちょっと違った雰囲気が楽しめるんです。




黒主山会所ではちょうど祭りの準備が行われていました。




祇園祭のちまきは通常食べられませんが、この黒主山のちまきは”食べられる”ちまきを売ることで知られています。




今晩からの本番に向け、準備が進みます。




放下鉾の昼の様子。夜は人・人・人のため、一方通行になりますので、マイペースで祭りを
楽しむにはお昼がおすすめです。




放下鉾では、次々とちまきが作られていました。




放送局も入念に中継の打合せ。お昼の番組で中継されていました。




橋弁慶山では、山建ての最中でした。この橋弁慶山は牛若丸と弁慶が五条大橋の上で戦う姿を
山で表現しています。





占出山は身重の神功皇后をご神体とすることから「安産の神様」として知られています。


京都の昼間の暑さは半端ではないので、水分補給、塩分補給が欠かせませんが、昼間の宵山は
夜とは違った楽しみ方ができますよ。でも、やっぱり暑いわ〜 (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode