ブログ

Entry: main  << >>
7月11日 日めくり祇園祭 『鉾建ての一日』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は昨日、10日より始まった

「鉾建て」を時間を追ってご案内致します。この時期の暑いことの例えとして”梅雨明け十日”と

いいますが、例年以上に早く梅雨明けした京都はまさに今が”梅雨明け十日”。

いや、本当に暑いです!


 PM6:00 

 ≪月鉾(右)、函谷鉾(左)、長刀鉾(左奥)≫



日も西に傾き出すこの時間。大方の鉾が横倒しから直立の状態となり、よりお祭りムードが
高まってきました。


 ≪鶏鉾≫



鶏鉾も先程の取材からすぐに建てられたようです。

 ≪菊水鉾≫



四条通を挟んで鶏鉾の北に位置するのがこの菊水鉾。町内から古くからある「菊水の井」という、井戸に
ちなんだ鉾です。宵山の間は菊水鉾でお茶を楽しむことができるんですよ。



数トンにも及ぶ鉾ですから、なにをするにも総がかりです。



写真にも「菊水鉾」の文字。

 ≪長刀鉾≫



こちら長刀鉾では、屋根付けが行われていました。



時間を追うごとに”らしく”なってきますね。


 PM2:00 

 ≪鶏鉾≫



鶏鉾では榊(さかき)の取り付けが行われていました。






鉾頭は、三角の中に鶏卵を象徴する金の円があります。古代中国・堯(ぎょう)の時代に
天下が良く治まり諫鼓(訴訟用の太鼓)も用いられなくなり、鶏が巣を作った古事に由来するのだそうです。

 ≪月鉾≫


既に鉾が立っていました。

 ≪放下鉾≫



放下鉾は昨日の「お迎え提灯」に参加したからか、本日からの鉾建てとなります。

 ≪函谷鉾≫



すでに鉾が立てられていました。ちなみに、この函谷鉾は「かんこぼこ」と読みます。むずかしいですね。

 ≪長刀鉾≫


長刀鉾も午前中に鉾が建てられていました。鉾頭の長刀は八坂神社と御所を外した方向に切先が向いているんです。



 AM11:00 

 ≪長刀鉾≫





長刀鉾では、”胴”の部分が組み立てられました。



 AM8:00 

 ≪鶏鉾≫



朝8時にはすでに鉾建てが始まっていました。


 ≪函谷鉾≫



“猛暑日”の予報が出ている本日の京都地方。刺すような日差しの中で本日の鉾建てが始まります。



函谷鉾の「縄がらみ」です。


 ≪長刀鉾≫



長刀鉾でも既に鉾建てが始まっていました。





釘を使わず縄だけで鉾を組み上げる「縄がらみ」と呼ばれる伝統技法で鉾を建てていきます。

黒いシャツのお兄さんが持っている、大きな針のようなものを使います。わかりますか?


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode