ブログ

7月17日 日めくり祇園祭 『”ほぼライブ”山鉾巡行 辻回し』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』はいよいよクライマックスである

「山鉾巡行」の様子を”ほぼライブ”でお届け致します。


 PM1:00

 ≪新町通≫



山鉾巡行にはいろいろな見どころがありますが、鉾が辻で向きを90度変える「辻回し」もその一つです。

ちなみに、上の桶入りの水は辻回し用に水をまく時に使うものです。




場所は四条新町。新町通を長刀鉾が下がって(南へ)きました。細い新町通は矛先が揺れたりすると、

建物にぶつかりそう!なんです。(電柱に黄色のカバーがしてあるのはそのためです)





数tもある鉾ですから、力を合わせてひっぱらないと、鉾はぴくりとも動きません。




辻回しの時には鉾の上で音頭をとるのが4人に増え、“臨戦態勢”となります。





平均3回の辻回しで向きが90度変わります。




そして、長刀鉾は四条通のビクトリーロードをラストランするのです。





続いては、先程の日めくり祇園祭 『”ほぼライブ”山鉾巡行 新町通り』でも紹介した鶏鉾が四条通に

やってきました。




鶏鉾でも長刀鉾同様、2→4名の”臨戦態勢”をとり、辻回しに備えます。

鶏鉾の辻回しは、ぜひ動画でどうぞ!

 ≪辻回し 其の壱≫


 ≪辻回し 其の弐≫


 ≪辻回し 其の参≫



見事“3回“で向きを変えた鉾は、四条通を東へ進みます。






山鉾巡行時限定の「月鉾」と「鶏鉾」です。お互いに「おつかれさん!」といったところなんでしょうね。


3回に分けてご案内した本日の日めくり祇園祭はいかがでしたでしょうか。

祇園祭は7月いっぱいまでまだまだ続きますが、「2011 日めくり祇園祭」はひとまず、本日をもって

終了と致します。最後までご覧頂きましてありがとうございました。 (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 13:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
7月17日 日めくり祇園祭 『”ほぼライブ”山鉾巡行 新町通り』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』はいよいよクライマックスである

「山鉾巡行」の様子を”ほぼライブ”でお届け致します。


 AM11:45

 ≪新町通≫



9時30分に四条麩屋町で注連縄切りをし、巡行をスタートした山鉾はその後、

  四条通→河原町通→御池通

と鉾をすすめ、そしてこの新町通にやってきました。意外に速い!?それとも遅い!?

ちなみに時間はお昼前です。




この時間、京都の気温は約35度って…猛暑日ではないですか!行列も終盤、もうひとふんばりです!




待ちに待ってた鉾の登場に、町屋の二階席の人達のボルテージも最高潮!カメラ組あり、拍手組ありと

思い思いの形で鉾がやってきた嬉しさを表現します。




先頭の長刀鉾が過ぎると、”山一番”の霰天神山の登場。火除けの神様なんです。


月鉾が新町通を通る様子は、動画でどうぞ!二階席ギャラリーの方達のリアクションがいいので、

鉾を曳く方も”もうひとふんばり!”と思えます。







綾傘鉾稚児社参で取材をした綾傘鉾のお稚児さん。八坂神社のお参りの時には大雨でしたが、

今日は文句なしのいいお天気になってよかったです!


 PM1:00



続いて鶏鉾がやってきました。鶏鉾は天下泰平の世の中を表す鉾で、中国唐の時代に訴訟を起こす際に

使う太鼓が、平和のために使用されず苔むして鶏が巣を作ったという故事に由来しています。

是非あやかりたいですね。







鉾の後ろに掛けてある懸装品を「見送」と言いますが、鶏鉾の見送は15世紀のベルギーで制作されたもので、

国の重要文化財なのだそうです。




そして、鶏鉾は新町通をさらに南下し、四条通へ向かいます。



 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月17日 日めくり祇園祭 『”ほぼライブ”山鉾巡行 注連縄切り』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』はいよいよクライマックスである

「山鉾巡行」の様子を”ほぼライブ”でお届け致します。


 AM8:00 

 ≪斎竹≫



長刀鉾のお稚児さんが行う「注連縄切り」の注連縄をくくっているのが「斎切」です。

15日に高橋町の皆さんが斎竹を建てられました。いよいよ本番間近です!




斎竹に注連縄が張られ、山鉾の登場を今か今かと待ちます。


 AM9:10 



長刀鉾が目の前に!その時はもうすぐです!




山鉾がこれからとおる道を清めます。




長刀鉾が注連縄の前までやってきました。


 AM9:20 





大きな太刀で注連縄を切ります!一発で決まるか!?

         詳しくはこちら(画面が揺れております。ご了承ください)
                ↓      ↓






やりましたね〜。




注連縄を切ることで、人間界と神域との”結界”を切り、これから32基の山鉾が巡行を進めていくのです。


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月16日 日めくり祇園祭 『人の波!宵々山』
   ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は宵々山の様子をお伝えします。

昨日の宵々山の人出はなんと28万人!京都市の人口が140万人といいますから、5人に1人が

四条界隈に集まったということになりますね!すごかったです。




歩行者天国は夕方6時から。”ホコ天”直後でもこの賑わい。でも、これはまだ序の口でした。




放下鉾のお囃子にも熱が入ります。






そして、日が暮れると、、



この人出!進も戻るも思うようになりません!




通勤ラッシュのような新町通りはまさに”スシ詰め状態”

夜でも蒸し暑い京都なのでなかなか大変なのですが、これも祇園祭”らしさ”のうち。

さあ、今晩は宵山、そして明日17日はいよいよ「山鉾巡行」を迎えます! (梅田)




”触れそうなほど”すぐ横を通るでしょ!






昔ながらの町家が多く残る新町通りには浴衣が似合います。








周りのお客さんとの距離が近いため、一体感や臨場感を感じられるのも新町通りならでは。

「こっち向いてぇ〜」なんて言う声がそこかしこから聞こえ、またそれに応えるのも

新町通りの”狭さ”あってのことです。大きな鉾などは電柱や建物に当たりそうになりながら

進んでいくんですよ!(梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月15日 日めくり祇園祭 『昼の宵々々山』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』はいよいよ祇園祭のクライマックスとなる、

「山鉾巡行」を前に各山鉾が勢揃いする「宵山」の初日、「宵々々山」をお伝えします。


7月14〜16日の宵山の期間中は夜の様子がよく報じられますが、昼間もおすすめなんです。

特に14日の昼間は準備に大わらわの山もあり、ちょっと違った雰囲気が楽しめるんです。




黒主山会所ではちょうど祭りの準備が行われていました。




祇園祭のちまきは通常食べられませんが、この黒主山のちまきは”食べられる”ちまきを売ることで知られています。




今晩からの本番に向け、準備が進みます。




放下鉾の昼の様子。夜は人・人・人のため、一方通行になりますので、マイペースで祭りを
楽しむにはお昼がおすすめです。




放下鉾では、次々とちまきが作られていました。




放送局も入念に中継の打合せ。お昼の番組で中継されていました。




橋弁慶山では、山建ての最中でした。この橋弁慶山は牛若丸と弁慶が五条大橋の上で戦う姿を
山で表現しています。





占出山は身重の神功皇后をご神体とすることから「安産の神様」として知られています。


京都の昼間の暑さは半端ではないので、水分補給、塩分補給が欠かせませんが、昼間の宵山は
夜とは違った楽しみ方ができますよ。でも、やっぱり暑いわ〜 (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月14日 日めくり祇園祭 『曳初め』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は老若男女の参加OK!の

「曵初め」です。取材日は日めくり祇園祭でもなにかと話題に出る新町通りの山鉾の

曵初めでした。





参加人数のリミットは”曵き縄が持てなくなるまで”この縄に触ると無病息災になると言われ、

縁起をかつぐ意味でも大切な行事です。




老若男女の”若”代表も参加しています。




道幅の狭い新町通りは、建物や電柱にぶつかりそうになりながらも山鉾が進んでいきます。




ごったがえす人ごみの中、鉾をデッサンしている方もいらっしゃいました。素敵!




右側手前が船鉾、左奥に見えるのが岩戸山です。船鉾は鉾の中では特徴のある形をしており、

(名は体を表すです)岩戸山は「鉾」とみまごうばかりの立派な”山”です。




町内の子供達もお揃いのユニフォームで祭りに参加します。


私の妻が鉾町出身ですが、祇園祭の時は学校も休みだったのだそうです。

私が暦通りに学校があったことを話すと、「えっ!?祇園祭の時は休みでないの?」と

逆に聞き返していたくらいですから、鉾町の人達にとっては曵初めに参加したり、

学校が休みになったりというのは至極当然のことなんでしょうね。ウラヤマシイ〜! (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月13日 日めくり祇園祭 『神輿洗式』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は昨日ご案内した「お迎え提灯」と合わせて
行われた「神輿洗式」です。四条大橋の上で行われる”男の祭”をお伝えします。




お迎え提灯が八坂神社へ行くのと入れ違いに、神輿の行列が八坂神社からやってきます。




子供さんも「ホイット、ホイット〜」の声に合わせてやってきます。




「神輿の行列」とは言っても、まずは神輿が通るために道を清める大松明がやってくるんですね。



動画もあわせてご覧ください!

            ↓          ↓          ↓




けっこう、荒々しいでしょ!






大松明のお清めもすみ、いよいよお神輿がやってきます。







神輿を”ぐっと”持ち上げる「さし回し」が見せ場。神輿が揺れないように高い位置で神輿を回すには、

高い技術が必要なんだそうです。




私事で恐縮ですが、山鉾巡行の際に、鉾を曳くボランティアに落選した私、梅田。

来年はこっちの「男の祭」に参加かな!? (梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月12日 日めくり祇園祭 『お迎え提灯』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は昨日、10日に行われた

『お迎え提灯』の様子をお伝えします。祇園祭のお神輿をお迎えするために始まったこの行事は、

なんと江戸中期にまでさかのぼります。八坂神社を出発した行列は、京都市役所などを通り、

寺町通、四条通から八坂神社で、「お神輿さん」をお迎えするんです。




寺町通はアーケードがある商店街のため、雨が降っても大丈夫なのですが、天井があるため、

その暑さも半端ではありません!




ちなみにお囃子は「放下鉾」でした。行列の様子を動画でもご覧ください。

         ↓          ↓          ↓





寺町通を南下した一行は、四条通を東へ。御旅所の前を通過し、東へ東へと向かいます。




歩きながらのお囃子は普段以上に疲れます。ガンバレ!




四条河原町交差点。山鉾巡行の際にはここで、「辻回し」が行われます。一行はさらに東へ。

鴨川にかかる四条大橋へと向かいます。




四条大橋にて。警察の方も”体を張って”警備にあたります。おつかれさまです。




西に陽が傾き、四条大橋が夕暮れに包まれて、




お迎え提灯の行列がやってきますした。この後、行列は八坂神社へ。それと入れ違いにお神輿の

一行がここ四条大橋を目指し、西へと歩みを進めます。(以下、明日)



 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月11日 日めくり祇園祭 『鉾建ての一日』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は昨日、10日より始まった

「鉾建て」を時間を追ってご案内致します。この時期の暑いことの例えとして”梅雨明け十日”と

いいますが、例年以上に早く梅雨明けした京都はまさに今が”梅雨明け十日”。

いや、本当に暑いです!


 PM6:00 

 ≪月鉾(右)、函谷鉾(左)、長刀鉾(左奥)≫



日も西に傾き出すこの時間。大方の鉾が横倒しから直立の状態となり、よりお祭りムードが
高まってきました。


 ≪鶏鉾≫



鶏鉾も先程の取材からすぐに建てられたようです。

 ≪菊水鉾≫



四条通を挟んで鶏鉾の北に位置するのがこの菊水鉾。町内から古くからある「菊水の井」という、井戸に
ちなんだ鉾です。宵山の間は菊水鉾でお茶を楽しむことができるんですよ。



数トンにも及ぶ鉾ですから、なにをするにも総がかりです。



写真にも「菊水鉾」の文字。

 ≪長刀鉾≫



こちら長刀鉾では、屋根付けが行われていました。



時間を追うごとに”らしく”なってきますね。


 PM2:00 

 ≪鶏鉾≫



鶏鉾では榊(さかき)の取り付けが行われていました。






鉾頭は、三角の中に鶏卵を象徴する金の円があります。古代中国・堯(ぎょう)の時代に
天下が良く治まり諫鼓(訴訟用の太鼓)も用いられなくなり、鶏が巣を作った古事に由来するのだそうです。

 ≪月鉾≫


既に鉾が立っていました。

 ≪放下鉾≫



放下鉾は昨日の「お迎え提灯」に参加したからか、本日からの鉾建てとなります。

 ≪函谷鉾≫



すでに鉾が立てられていました。ちなみに、この函谷鉾は「かんこぼこ」と読みます。むずかしいですね。

 ≪長刀鉾≫


長刀鉾も午前中に鉾が建てられていました。鉾頭の長刀は八坂神社と御所を外した方向に切先が向いているんです。



 AM11:00 

 ≪長刀鉾≫





長刀鉾では、”胴”の部分が組み立てられました。



 AM8:00 

 ≪鶏鉾≫



朝8時にはすでに鉾建てが始まっていました。


 ≪函谷鉾≫



“猛暑日”の予報が出ている本日の京都地方。刺すような日差しの中で本日の鉾建てが始まります。



函谷鉾の「縄がらみ」です。


 ≪長刀鉾≫



長刀鉾でも既に鉾建てが始まっていました。





釘を使わず縄だけで鉾を組み上げる「縄がらみ」と呼ばれる伝統技法で鉾を建てていきます。

黒いシャツのお兄さんが持っている、大きな針のようなものを使います。わかりますか?


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月10日 日めくり祇園祭 『新町通り』

  ― 『2011 日めくり祇園祭』では、権太呂スタッフが全力取材!
             祇園祭にまつわる情報を日々更新して参ります ―
 
       



こんにちは!梅田です。本日の『2011 日めくり祇園祭』は山鉾巡行では

もっとも間近に山鉾の様子を見物できる「新町通り」をお伝えします。

(写真は全て2010年のものです)

もし京都にいらして祇園祭をご覧になる方がいらっしゃいましたら、

新町通りが本当におすすめなんです!




新町通りは南北の通りで、この通りを巡行の列がやってくるのは巡行コースの最後にあたるため、

かなり待たないと行けません。

でも、新町御池では「辻回し」も見られますし、なにより狭い新町通りを大きな鉾が

通る様は迫力満点!有料観覧席もよいですが、”むせかえるような暑さ”の中、目の前

(触れそうなほどです!)で巡行を見られるのはこの新町通りだけです。





鉾が”すぐ横”を通り過ぎます。






通り過ぎた山や鉾を”追っかけていく”こともできます。





”触れそうなほど”すぐ横を通るでしょ!






昔ながらの町家が多く残る新町通りには浴衣が似合います。








周りのお客さんとの距離が近いため、一体感や臨場感を感じられるのも新町通りならでは。

「こっち向いてぇ〜」なんて言う声がそこかしこから聞こえ、またそれに応えるのも

新町通りの”狭さ”あってのことです。大きな鉾などは電柱や建物に当たりそうになりながら

進んでいくんですよ!(梅田)


 □■ ”祇園祭にちなんだ”プレゼントクイズ開催中! ■□

     祇園祭の別名は『鱧祭』。海から遠い京都では、生命力が強く京都の町まで
     生きたまま届いた「鱧」が、祇園祭の宴で好んで食べられたのだとか。
     それにちなんで祇園祭を「鱧祭」というのだそうです。

     そんな鱧を存分にお楽しみ頂ける期間限定鍋をプレゼント!詳しくは
     下記リンクをクリックしてくださいね!


                 今月のプレゼントクイズ

 
| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/2   >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •       1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode