ブログ

しばしのおやすみ

みなさまこんにちは、林です。

 

コロナウイルスのために、

世界中で

今まで経験したことのない状況、

見たことのない景色の中での

生活をしなければならなくなりました。

 

京都も歩道一杯に歩いていた人たちが

いなくなって、別の世界のようです。

 

ですので、

ブログの取材は

しばしお休みすることにいたしました。

 

必ずまた、

祇園祭の提灯に灯りがともり

桜や紅葉をみんなで楽しめる時が

やってきます。

 

それまで心も体も大切にして

元気に過ごしましょう!

またみなさまにお目にかかれることを

楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | - |
亀岡七谷川の桜

こんにちは下です。

今年はお花見等、お出かけもできない状況ですが、

先週、桜の写真を撮りに亀岡方面にちょこっとドライブに行ってきました。

 

JR亀岡駅を北上すると、山間を七谷川が流れており、

川沿い約1kmにわたり30品種、約1500本の桜が咲き乱れています。

今年は写真で鑑賞ですが、来年はゆっくりと歩いてお花見を

楽しみたいと思います。

 

 

| 権太呂 | 14:00 | comments(0) | - |
花満開〜花手水〜

4月になりましたね。4月は新たな始まりの季節〜気持ち入れ替え心機一転で行きましょう

三寒四温で気温差が激しいこの時期体調崩しがちに…健康第一しっかり健康管理してくださいね。

今年は新型コロナウィルスの影響もあり自粛の日々が続きなかなか季節感がなく

月日が淡々と過ぎてしまった感じがしますね。( ノД`)シクシク…

気が付けば〜春の息吹がそこかしこで芽吹いていますよ。

自粛ばかりでは窮屈で退屈な日々ですよ(´;ω;`)ウゥゥ

しっかりウィルス対策して少し気分転換しましょう。

 

 

今京都で人気急上昇中のお寺と言えば・・・・長岡京の『柳谷観音楊谷寺』です(*^▽^*)

1200年の歴史があり眼病に霊験あらたかで「目の観音様」として親しまれてきました(*^-^*)

      

  

そんな楊谷寺に近年皆さんの注目を集めるきっかけとなったのが…『花手水』です('◇')ゞ

境内や庭園の手水鉢に季節の色とりどりの花や紅葉を浮かべたものです。

その美しい様はまるで水アートのようです(*´ω`*)

SNSで火が付き!!今では多くの参拝者が花手水に魅せられて訪れています(^O^)/

ホームページ上で現在の花手水が紹介されています。

https://yanagidani.jp/

アジサイ寺としても有名で5000株の紫陽花が境内を彩ります(^^)

 

晴れて暖かく陽気な日にはカメラを持ってお出かけ〜きっと素敵な景色に出会えるはず(´っ・ω・)っ

 

日が暮れると少し肌寒くなって来ますよね。

そんな時は身体を芯から温めるアツアツお鍋〜〜恋しくなりますよね(^^)

権太呂では春のこの時期だけの贅沢「新筍鍋」をご用意しております。

          

春の恵が詰まった具材に溢れています。

新筍ふき菜の花桜真蒸が入った色鮮やかなご馳走お鍋!

   

この機会にぜひ春の甘み苦みを味わってくださいね。

京都権太呂 石原でした。

| 権太呂 | 12:27 | comments(0) | - |
車からの花見

こんにちは!今回から社員ブログに参加します蔵元です!

 

世間では自粛ムードが続く中、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

そして気温はドンドン温かくなっていってますね。

 

桜も早咲きの物は満開に近いのではないでしょうか?

 

花見も自粛をとされているので、車でたまたま通りかかった瞬間を撮ってみました。

 

オリンピックも延期になり益々落ち込みがちですが、負けじと健康には気を付けてこの危機を乗り越えたいと思います。

 

 

以上 蔵元でした。

 

| 権太呂 | 12:28 | comments(0) | - |
日吉大社

こんにちは、調理部の樫尾です。

 

今回はお隣の滋賀県の日吉大社を訪れました。

 

 

こちらの大社は2100年の歴史があり、全国の

 

日吉・日枝・山王神社の総本宮です。

 

平安京の北東の位置にあり、表鬼門にあたるため

 

都の魔・災難除を祈る社として信仰されています。

 

 

 

 

 

東本宮から西本宮へと参拝したのですが、

 

建物の歴史を感じながら、社の中を流れる水の音に癒されながら、

 

ゆっくりと気持ちよく回ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

近くには明智光秀の墓がある西教寺などもあります。

 

今後はゆっくりと滋賀県の神社・寺院を参拝して回りたいと思います。

 

(樫尾)

 
 

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | - |
京都大神宮

こんにちは、調理部の小田です。

 

今回は、四条通から寺町通を南へ下がった一筋目にある「京都大神宮」を紹介します。

御祭神は、「天照皇大神」、「豊受大神」で、江戸時代末期より盛んになったお伊勢参り

が叶わない人々のために、全国都道府県に伊勢神宮がお参り出来る設備を設けるとともに

伊勢神宮大麻の頒布などを行うことへの要請がありました。

このため、明治6年7月に、伊勢神宮の内宮、外宮より「天照皇大神」「豊受大神」の御分霊をお迎えし、

出張所として設立されたそうです。

 

ちなみに、神前結婚式の祭式は、明治12年にここ「京都大神宮」にて誕生したそうです。

現在、各神社では、良い意味で様々な色付けがされていますが、日本初の神前結婚式の

姿をここで見ることが出来るそうです。

他に、明治38年、精華女学校(現 学校法人精華学園)を創立、戦後独立するに至っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 権太呂 | 17:11 | comments(0) | - |
小学校跡のカフェ

こんにちは。 調理の上原です

 

今回は、京丹波町の旧質美小学校の中にあるCAFEの盲亀浮木(もうきふぼく)さんの紹介です。

 

京都市内より車で約2時間京丹波町の片田舎にある小学校(今は閉校)の中に

 

雑貨屋、CAFE、ピザレストラン、など色々なお店が入って地域の盛り上げに貢献されています。

 

訪れた日が、今季一番の雪の日でした。

 

 

 

朝の早い時間は、25儖明僂發辰討い泙靴拭

 

校庭にも駐車場があるのですが、雪のせいでビチャビチャでした。

 

校舎に向かうと、

 

 

 

 

下駄箱がありそこでスリッパに履き替えて、中に入ると何か懐かしさが漂うような世界に引き込まれます。

 

各教室の中が色々なお店になっています。その中の一つに盲亀浮木さんが有ります。

 

 

教室に入ると多分元々は、理科室だったのかな?と言う感じでした

 

 

夏にも一度お伺いしていて、冬(1・2月)には予約限定で焼き立てアップルパイをやっているのを聞いていたので

 

アップルパイを楽しみに二度目の来店です。

 

コーヒーとアップルパイを注文して。

 

 

念願のアップルパイが来ました。

 

焼き立て熱々で添え物にも拘っておられて、ソルベはお米100%で砂糖すら使っていないとのことでした。

 

もちろんアップルパイは美味しいのですが、砂糖を使っていないソルベも、アップルパイと喧嘩しない

 

程度の程よい甘みを感じ相性が抜群でした。

 

その他も、

 

コーヒーはたっぷり入って普通のコーヒーカップの1.5倍くらい入っています。

 

 

こちらは夏に行ったときに注文した、とろけるガトーショコラでこちらのお店に引き込まれた一品です。

 

車でないと行きにくい場所ですが、近くを通った際はほっこりしに立ち寄ってはいかがでしょう。

 

 

| 権太呂 | 10:00 | comments(0) | - |
城南宮のしだれ梅


今回は『しだれ梅と椿まつり』を見に城南宮へやって参りました。





正直言って「しだれ」と言えば桜だけだと思ってたんですが梅もあるんですね。




行った時間のタイミングが合い、巫女さんが舞を披露する『梅が枝神楽』を見る事も出来ました。




梅を見ていたら可愛いお客さんがっ!!




いや〜、春ですね。




最近はなかなか出歩きにくい事になってしまってますので、少しでも春を感じてもらえたなら幸いです。


| 権太呂 | 13:11 | comments(0) | - |
ちょっと寄り道

今回は毎日通っている道で普段は気にも止めないお寺が?
なにやらにぎわっていてとても気になりお寺に足を運びました。
中に入ると参拝客の人達がいて、酒粕汁が無料で出されていました。
落ち葉を集めて中では芋が焼かれていました。
回りを見てると、そこのお寺は子宝が授かる寺でした。
上徳寺は世継地蔵と呼ばれているそうです。

 

 

 

 


今回担当蔵元でした!ありがとうございました。

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | - |
冬の嵐山

こんにちは本日は冬の嵐山を紹介いたします。

嵐山は年中観光の人で多いですが、冬は結構すいていて穴場の時期です。

 

 

こちらは嵐山の中ノ島橋です。

昔は中ノ島橋への道は砂利道でしたが

今は整備されコンクリートになっていて、

とても歩きやすくなっています。

 

 

渡月橋からみた景色です。

渡月橋は昔法輪寺橋と呼ばれていました。

その昔嵐山の麓にある法輪寺の中興の祖「道昌(どうしょう)」

というお坊さんによってかけられた橋のためこのように呼ばれていたそうです。

 

今は渡月橋と呼ばれていますが、

時代を下ること鎌倉時代、亀山天皇が満月の晩にこの地で舟遊びをされました。

そこからこの橋を眺め、

「くまなき月の渡るに似る(曇りのない夜空に、満月が橋を渡っていくようである)」

と感想を漏らされたことから、渡月橋と呼ばれるようになったと言われています。

 

橋からみる清流はとてもきれいです。

 

 

冬の嵐山は底冷えしとても寒いですが、

その寒さがかえって空気を澄んだものにしてくれているようです。

京都ならではの寒さと空気を楽しめるのはやはりこの時期ならでは

でないでしょうか。

 

今の時期にぜひ嵐山へおこしやす。平沼 

 

 

| 権太呂 | 17:38 | comments(0) | - |
Page: 1/47   >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •       1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode