ブログ

引き続き紫陽花だより・・・

こんにちは。権太呂の下です。本日は先週に引き続き、

善峯寺の紫陽花だよりをお届けします。

善峯寺は、西国三十三ケ所めぐりの第20番札所になっています。

入口の山門はとても迫力があります。

今の時期はおよそ三千坪ある「白山あじさい苑」に約八千株の紫陽花が
斜面一面を華やかに彩ります。また、この櫓には幸福地蔵が祀られております。
見晴らしの良い高台から、あじさい越しに、山々や場所によっては
京都市街を一望する景色は圧巻です。
また、このあじさい苑は、小道もあるので、近くでも、遠方からでも見学ができます。

この善峯寺では、天然記念物に指定される「遊龍の松」もあり、

で春の桜や秋の紅葉等も、見応えがあり、1年通して四季折々の花が楽しめますので、

ぜひ、京都西山まで、足を運んで見て下さい。

| 権太呂 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅雨の楽しみ

梅雨ですね"(-""-)"

この時期は、お天気が不安定で困りますね。
雨の日が続いたり、晴れてたのに急に曇りだして激しい豪雨など
雨の多い日が続きますね。
春から夏への季節の変わり目だからでしょうね。

梅雨は、洗濯物は乾かないし、
蒸し暑くジメジメするからカビが発生しやすいです( ;∀;)
だからこそ、晴れ間は貴重な時間ですね(^^♪
梅雨の合間の晴れをしっかり活かしてくださいねー(^^)/

      

私もこの晴れ間を利用しまして、お花を観に出かけてみました。
訪れた先は、伏見区の藤森神社です!
馬と武運の神社として信仰を集めており、勝負事の神社として
知られています。
競馬関係者・ファンの信仰が熱く競走馬の絵馬が多数奉納されています。

         

実はここには梅雨のこの時期に咲き誇るアジサイがたくさんあります。
境内の二か所に紫陽花苑があり約20品種3500株咲き乱れています。

     
眩しい日差しを浴びながら青や紫、色とりどりの花が緑の草木に
映え、目から清涼感を味わえま〜す。
様々な美しいアジサイで埋め尽くさていますから、お気に入りの花を
探すのも面白いかもですね(^^)/

            

紫陽花苑の中は迷路〜のようなアジサイ道

       

背丈の高いアジサイ

            

暑いのを忘れるね。ヒンヤリと涼しい〜〜!(^^)!

見頃は6月中旬頃が最適ですね。
そして6月15日金曜日には紫陽花祭が午前10時から行われます(^^♪

        
!(^^)!              鶴丸だょ〜(*^_^*)
宝物館では刀剣乱舞に登場する「鶴丸国永」にゆかりの地として
太刀「鶴丸」の写しが奉納・展示されています('◇')ゞ
お時間が許せば美しいアジサイを観た後に立ち寄ってみてくださいね♪


これからは夏へ向けて〜気温もどんどん上昇していきます。
蒸し蒸しと暑くなって、冷た〜い物が恋しい時期になってきましたよ(/ω\)
冷たい物を食べたり飲んだり(^^♪
熱い身体を内から冷やすそんな日が来ましたね(^^)/

京都権太呂では、夏商品を始めています!!!
京都の夏はですね。
鱧と自慢の一汁の融合〜鱧涼麺!!いかがでしょうか(^^)/

       

太めの素麺に鱧をのせた贅沢な涼麺。
甘酢茗荷の彩りを添えて頂きます。

お口で夏を味わってくださいませヾ(≧▽≦)ノ

京都権太呂 石原でした。

| 権太呂 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
京の通称寺めぐり

包装部の稲垣です。

毎回恒例の京の通称寺、今回は華光寺(出水の毘沙門さま)に行ってきました。

ここは豊臣秀吉が伏見城から寄進したと言われる毘沙門天像があり、開運厄除けの神として出水の毘沙門天さまと呼び親しまれています。

本堂には本尊の十界曼茶羅をはじめ大毘沙門天や鬼子母神などを祀られています。

私の行った日は雨なのもあってか扉が閉まっていたので外から覗くのみになってしまいました、、、

このお寺のある出水通りには他にもお寺がいくつか並んでいるのですが、そこのお寺の中で出水の七不思議と伝われているものがあるらしく、この毘沙門さまにはそのうちの二つがあります。

晴れた日でも枝から雫を落とすと言われた時雨松と五色の花が咲く五色椿です。

両方とも今は枯れてしまいないのですが、時雨松は枯れた切り株が置かれていました。

その上には京都府の指定文化財の鐘があります。

家内安全、家族の健康のため、心静かに打って下さいと書かれていたので、私もゴイーンとならしてきました。

庭園も綺麗で池に鯉が泳いでいたり、お寺の入口などにかわいらしいお地蔵さまがいたりとなんだか少し癒されるお寺でした。

 

七不思議もあと五つあるのでまた次の機会に他のお寺にも訪れてみたいと思います。

 

| 権太呂 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
暑い京都の時期がきた...

包装部 大角です。

 

5月ですが京都はかなり暑くなってきて、夏までもう少しを感じさせる時期がやってきました。

 

今回は京都の新京極という商店街の中にあります、錦天満宮です。

歴史としては、かなり古く1003年にまでさかのぼります。

 

錦小路通の寺町と新京極の間にある鳥居は、設計ミスがあるビルが建てられた為、

ビルの中に鳥居の一部がめり込んでいる事でも有名です。

 

錦市場もすぐ近くにあるので、観光の方が非常に多く、かなりにぎわっておりました。

 

錦天満宮入口です

権太呂の提灯も飾られております。

 

 

錦の社の御神水

冷たくて気持ちいいです。

 


右手に牛がおります。

神牛像と言い、自分の良くしたい部分の牛の体を撫で、

自分の同じ部分を触るのが、お決まりです。

 

京都の中では非常にメジャーな錦市場に関連のある場所ですので、お近くに来られた際は

是非どうぞ!

 

大角

 

| 権太呂 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
茶そばと高山寺

製麺を担当しております福田と申します。

日中はあせばむ季節となって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

新茶の季節、弊社でも季節のそばとして今は「茶切そば」の製造に、日々、奮闘しております。

さて、京都には、全国的に有名なお茶の産地である、宇治市がありますが、

日本で最初に、お茶を栽培したのが、京都市の北部の栂尾にある高山寺になります。

高山寺は国宝の「鳥獣戯画」が所蔵している事でも有名ですが、

中国から持ってきたお茶を日本で最初に育てた地でもあるのです。

ここから宇治を初めとして日本各地で広がっていたとの事です。

 

| 権太呂 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
桜の次のお楽しみ

みなさま、こんにちは。

 

ゴールデンウィークも終わり、いつもの日常が戻ってきましたが

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

3回目の登場となります、調理部の柴田です。

 

私もゴールデンウィークを体感しようとお休みだった4日に、

東山にあります蹴上浄水場の一般公開に行ってきました。

 

 

 

 

 

なかなか馴染みのない浄水場施設に入ることができ、

それはそれで非常に魅力的ではあるのですが、

お目当ては「つつじ」です。

 

 

 

 

ポスターによると4800本ものつつじが咲き誇るということで、

昨年の素晴らしさから今年も足を運びました。

 

…が、

つつじがない…

 

山の斜面に多くのつつじが咲いているはずの箇所も緑が溢れています…

 

 

 

 

4月に京都も他の地方と例外なく暑い日が続いた影響で、

4月中に満開となり、前日に降った雨がとどめを刺したようでした。

 

少し気落ちしながらも浄水場内の丘を登り、東山の景色を満喫しました。

右手前には南禅寺の山門があり、

中央の小山は「黒谷さん」の通称で知られる金戒光明寺です。

 

 

 

 

つつじは南側の入場口のすぐ横が一番たくさん咲いていました。

ですがよく見るとだいぶ萎れてしまっていました。

 

 

 

 

つつじの状況がイベントの公式ホームページで公開されていることもあってか

人出もあまり多くなく、

各日先着1000名に貰える災害用備蓄飲料水も余裕で貰えました。

 

 

 

 

毎年開催されていますので、

ゴールデンウィークに京都にお越しの際は立ち寄って見てはいかがでしょうか?

権太呂岡崎店があります岡崎エリアからも歩いて10分ほどで来ることが出来ます。


 

おまけ

 

一角にあった八重のつつじは満開でした。

蹴上浄水場に一株しかない八重のつつじに挿し木で増やして大きくしたものだそうです。

 

 

 

 

柴田

 

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
鞍馬寺

こんにちは、調理場の樫尾です。

 

今回は、鞍馬山へあざやかな新緑を求め、歴史の勉強も兼ねて行ってきました。

最初の入口に仁王門がありますが、そこでは狛犬ではなく、

こちらに祀られている毘沙門天王の使いとされている、あ・うんのトラが

迎えてくれました。

 

 

門をくぐり、急な道を進んでいると、

5月になり暑くなりつつある季節ですが、

横を流れる小川のせせらぎに心いやされます。

 

 

 

しばらく進むと火祭りで有名な由岐神社があり、

こちらには見事な大杉のご神体が祭られています。

樹齢約800年以上だそうです。

 

 

 

ここからまた、九十九折参道を歩き鞍馬寺本殿につきました。

こちらは

慈愛 − 月の精霊 − 千手観世音菩薩     

光明 − 太陽の精霊 − 毘沙門天王 

活力 − 大地(地球)の霊王 − 護法魔王尊

をあわせた三位一体尊天として祀られているそうです。

 

 

 

本殿の横には貴船に抜ける参道があったので、少し歩いてみました。

しばらく行くと、木の根がむき出しになっている、木の根道という所がありました。

固い岩盤と、地上をはる根が独特な景観です。

この日はここまでで下ってきました。

 

 

 

こちらは京都の観光地の中では人も少なく、ごみごみしていなくて、

ゆっくり山歩きが出来ると思います。

今回は新緑の季節にたずねましたが、他の季節にもぜひ訪れてみたいと思います。

ありがとうございました。

 

(樫尾)

 

 

 

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
祇園祭の起源

調理部の小田です。

今回は、梛神社(元祇園社)を紹介します。

場所は四条大宮から西へ徒歩5分、市バスの四条坊城を下車した所。

 

 

 

 

 

 

 

 

この神社は、スサノオノミコトを主神とし、

社伝によれば、西暦869年、京都に疫病が流行したときに

牛頭天皇の神霊を播磨国(現在の兵庫県姫路市)から歓請して鎮疫祭を行いました。

この時その神輿を梛の林中に置いて祀ったことが、この神社「梛神社」の始まりとされています。

 

後に神霊を八坂(今の八坂神社)に遷祀したとき、

当時の住人が花を飾った風流傘を立て、鉾を振り、音楽を奏して神輿を八坂に送ったとされています。

これが、祇園祭の起源とのこと。

 

長年京都に住んでいて、祇園祭の始まりを初めて知りました。

とても勉強になりました。

 

小田

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
桜の穴場?

調理部の、上原です。

 

今回は、時期が終わってしまいましたが来年の参考になればと思い

桜の穴場(名所)のご紹介です。

二か所の紹介に成りますが両方とも山科区にある神社です。

 

こちらからご紹介

こちらは赤穂浪士ゆかりの大石神社の鳥居と参道です。

そこから中に進むと

境内にこんなに立派な枝垂桜がお目見えいたします。

写真では解かりにくいですがかなり大きいです。

3日間位ですがライトアップもしておりそれがこちら

かなりの見応えです。

そして写真に柵が見えますがそこには

神社のアイドル花子ちゃんがいます。おとなしくとても可愛らしい子です。

是非見に行ってあげてください。

この神社は境内から山を5分も歩けば隣の山科寺にも行けてそこのお寺の前も桜が咲いています。

 

お次は

岩屋神社です。

最初に心奪われるのは


この鳥居から山門の桜の多い被り思わず「おぅぅぅぅ」と声が漏れました。

中の雰囲気は良かったのですが撮り忘れてしまいました(涙)

気をとり直しまして神社でお参り散策などをして神社の周りに出ますと

このような桜満開(少し散り始め)道路も桜の絨毯状態通行人も少なく

踏まれて汚くならずに風が吹く度に舞い上がりとても綺麗です。

二か所とも桜を見に来ている方もまばらでゆっくりと見て回れます

駐車場も無料で開放されているのでとても行きやすいです。

ここから車で5分〜10分位の所に有名な山科疎水や醍醐寺などがありますが

人混みに疲れたらこんなところで一息というのも悪くはないと思います。

それでは皆様の参考になれば幸いです。

| 権太呂 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年 春

いよいよ桜も終わり京都の観光シーズンも一段落です。

今年は桜の開花が早かった為、夜間ライトアップをしていた神社・仏閣等も最終日辺りでは葉桜のライトアップになってしまったところもあったかもしれませんね。

私は通勤途中で桜が見られるところがいくつかあるので、あまりお花見に行く事が無かったのですが、今年は珍しくいろいろと周ってみましたのでいくつか紹介させていただきます。

 

 

先ずは「桜宮神社」・・・ここは行った日が少し早かった為、満開とは程遠い状態で少し残念でした。

でも初めて2色の花を同時に咲かせる「咲き分け桜」を発見!!

 

 

ネットで調べてみたら桜や梅、椿等にも同じような品種があるみたいですね。

 

 

 

そして「東寺(ライトアップ)」・・・期間終了の約1週間前に行ったのですが、ここ数日風が強かったので桜が少し散り始めていました。

満開の桜もいいけれど、緑とピンクの色合いが素敵!!(と、自分に言い聞かせてました)

 

 

なかなかのベストショット(笑)

ただ中を歩いていると殆どが砂利になっていましたので、砂埃が気になる方は防塵対策をしていくと◎です。

 

やっぱり通勤途中で見る桜より、しっかりお花見として見る桜の方が記憶に残る事を改めて感じました。

京都にはまだまだ桜の名所がありますので来年また紹介させていただきます。

 

調理担当  井上       

| 権太呂 | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/37   >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
  • 「お知らせ」
Calendar
  •      12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode