ブログ

京都(山科)の避暑地?

今回は少しだけ心地よい風を求めに、春の桜で紹介した山科区の岩屋神社の奥ノ院を紹介しようと思います。

 

岩屋神社で参拝した後、神社を回り込むように歩いて10分ほどで奥ノ院入口に到着します。

そこからは木立が並ぶ山道に入っていきます。

 

少し歩くと

小川が流れ涼やかな空気を感じるような雰囲気に成っていきます。

木立の中を進んで行くと今度は

伏見稲荷のような鳥居の中を通り抜けながら少し山登りをして行きます。

そうすると

見えにくいですが、山科の街並みが眼下に見下ろせるくらいまでいけます。

ですが、この間の道のりは散歩がてら(靴は運動靴ぐらいで)でも行けそうなくらいの道のりなので

蝉しぐれを楽しみながら登れます。

そして第一目標物

陰岩に到着

ここは年代が古く仁徳天皇31年(343)に発祥していると言われています。

𣑥幡千々姫命(たくはたちぢひめのみこと)が祀られています。

そこからしばらく行くと、最終目的地

陽岩に到着

こちらは、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)が祀られています。

ここが最終地点でこれ以上登れなくなっています。

大体岩屋神社から30〜40分くらいで行けると思います。

 

今年の異常に暑い夏を少しでも楽しみながら過ごせますように。

 

調理部 上原

| 権太呂 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨庭

こんにちは。調理部長の小田です。

 

今回は珍しい庭を紹介します。

 

 

場所は四条堀川。

雨庭とは地下に降った雨水を下水道に直接放流水することなく一時的に貯留し、ゆっくり地中に浸透させる構造を持った緑地のことを言います。

修景・緑化の推進の他、雨水流出抑制、水質浄化、ヒートアイランド現象の緩和などの効果が期待されています。

京都の寺社では、この雨庭機能を取り入れた美しい庭園が古くから造られてきたそうです。

 

ところで皆さん、貴船石をご存知でしょうか。

貴船石は、京都を代表する銘石の一つで、鴨川の上流部にあたる貴船地方で産出された川石です。

かつて貴船が海の底であった時代に海底火山活動によって流れ出した溶岩が冷え固まってできた石で、紫色や緑色のイメージが定着していますが、青・グレーなど多様な色合いがあります。

庭石として用いられてきましたが、今日では産出されておらず大変貴重なものとなっています。

 

この雨庭では、貴船石の他、京都近辺の山から産出した山石を多く使用しています。

山石は京都の庭園で古くから用いられており、金閣寺や龍安寺の庭園で使われている景石の多くもこの山石と言われているそうです。

 

 

 

 

 

普段、何気なく見ている景色や造形物も実はとても珍しい物だったり、価値のある物だったりするかもしれませんね。

皆さんの周りにもそんな物があるかも?

 

調理部長 小田

| 権太呂 | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
権太呂社長 藤本和洋のブログ Vol.40

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

このたびの一連の災害で被災されました皆様ならびに

ご家族の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

たいへんなご事態に、ご苦労も多いこととは存じますが、

皆様の安全と被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

又、連日続く猛暑にも万全の注意を払ってゆきましょう。

今月の私は「横のつながりを大切に」してゆきます。

多くの方と助け合ってご縁を深めてゆきたいと思っています。

望む関係を引き寄せてゆきます。

8月は穏やかな時期となりそうですので、

少し大胆な行動をしてみます。

あと、これまでしてきた事からの「嬉しい結果」をつんでゆきたいです。

一握りの幸せ

ほんの少し見えた光

それらに気づいてゆきます。

そして、それらに感謝して、襟を正して前進してゆきます。

穏やかな中、十分楽しみ、多くの発見をしてゆきましょう。

又、お盆には、日ごろ行けていないお墓参りをしてきます。

「友人・ご先祖様を大切に」してゆきたいです。

                   藤本和洋

 

| 権太呂 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
真夏の京の風物詩

こんにちは、調理の井上です。

今回は下鴨神社で7月土用の丑から1週間行われる御手洗祭(みたらしまつり)に行ってきました。

 

 

 

御影通りからの入り口には『世界文化遺産の石碑』が建っており、そこから表参道を歩いて本殿に向かっていきます。

 

 

南口鳥居を抜けて

 

 

楼門に到着です。

私が昔、ボーイスカウトで毎週日曜に通っていた頃に比べて変わったところが色々あり、懐かしさと少しの寂しさを感じておりました。

 

 

 

入り口で履物を入れる袋を貰い、いざ御手洗池へ。

 

 

ここでの皆さんの声で多かったのは

 

1位       冷たっ!

2位       ヤバっ!

3位       気持ちいい〜(*´꒳`*)

 

ちなみに私は1位でした(笑)

 

 

いざ進んでみると意外に深いんです。

底は平らではなく真ん中が少し深くなっている楕円形の様な形なので、もし行かれた際は、捲り上げが足りなさそうなら端を歩いて下さいね。

 

 

 

 

入り口で貰ったロウソクに火を灯し、奥に設置されているロウソク立てまで炎を消さずに進んでいきます。(これがなかなか難しい)

そしてロウソクを立てて…

 

 

無事終了!

 

 

 

最後に御神水を頂き体の中からもお清め完了。

御神水はペットボトルにも入れてもらえますので一緒に行けなかったご家族・友人等へ持って帰る事も出来ますよ。

 

 

来年の祇園祭の後は下鴨神社の御手洗祭を楽しんでみて下さいね。

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
祇園祭 後祭

今回担当の蔵元です。
ひやー毎日暑いですね、皆さん体調はお変わりありませんか?
7月もあとすこし、いよいよクライマックスの祇園祭後祭です。
前祭と違い歩行者天国にはなりませんし、屋台も出ないので
ご注意下さい。すこし寂しいですが、あっという間に終わりますよ。

原則的に前祭と同様に巡行があります。ただし前祭とは逆の方向にすすんでいきます。
烏丸御池をスタートし 河原町御池、四条河原町を経由して四条烏丸に帰って来ます。
山が会所に戻るところをご覧になりたければ、四条通りから各会所までの道のりでご覧に
なられると良いでしよう。また同日は花傘巡行がありますので 河原町通沿いにいると
両方を見ることが出来ます。花傘巡行は寺町を下がって八坂神社に戻りますので寺町通り
で見るのもおすすめです。ただし寺町通は歩道があるわけではなく狭い通りであることを
留意ください。

( 祇園祭山鉾巡行順番 )

1 番 橋弁慶山



2 番 北観音山


 

 

3 番 黒主山


 

 

4 番 鯉山


 

 

5 番 鈴鹿山



6 番 南観音山


 

 

7 番 役行者山


 

 

8 番 浄妙山


 

 

9 番 八幡山



10 番 大船鉾

 


以上の順番で10の山鉾が巡行します。

くれぐれも熱中症にならないように注意しながら、美しい古都京都の祭をお楽しみ下さい。

 

(蔵元)

 

追記:花笠巡行はこの猛暑の為中止となったそうです。

   皆様も熱中症にはくれぐれもお気をつけて。

   水分をこまめにとって、もったいないと思わずクーラーをつけて元気にお過ごしください。

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
そろそろ見頃!蓮の池

皆さま、こんにちは! 緑です。

7月半ばにして、もうすでに真夏のような暑さですね。

 

7月の京都といえば祇園祭。

四条界隈では、美しい音色のお囃子や動く美術品山鉾がまちを賑わせています。

今年も7月17日の前祭、24日の後祭が楽しみです。

 

…ですが、今回ご紹介するのは、相国寺の蓮池!

毎年この時期になると色鮮やかな花を咲かせ、暑い日差しも忘れて見入ってしまいます。

今回見に行ったのは、7月14日の朝。

 

 

 

 

 

 

満開まではもうひといき…

ですが、コントラストが美しく

 

 

 

 

カモの泳ぐ姿も一緒に見られて、素敵な朝のお散歩となりました!

 

夏の京都、祇園祭以外にも素敵な観光スポットがたくさんあります。

是非いろいろ訪れてみてくださいね!

 

 

 

 

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/98   >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
  • 「お知らせ」
Calendar
  •    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode