ブログ

ちょっと寄り道

今回は毎日通っている道で普段は気にも止めないお寺が?
なにやらにぎわっていてとても気になりお寺に足を運びました。
中に入ると参拝客の人達がいて、酒粕汁が無料で出されていました。
落ち葉を集めて中では芋が焼かれていました。
回りを見てると、そこのお寺は子宝が授かる寺でした。
上徳寺は世継地蔵と呼ばれているそうです。

 

 

 

 


今回担当蔵元でした!ありがとうございました。

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | - |
冬の嵐山

こんにちは本日は冬の嵐山を紹介いたします。

嵐山は年中観光の人で多いですが、冬は結構すいていて穴場の時期です。

 

 

こちらは嵐山の中ノ島橋です。

昔は中ノ島橋への道は砂利道でしたが

今は整備されコンクリートになっていて、

とても歩きやすくなっています。

 

 

渡月橋からみた景色です。

渡月橋は昔法輪寺橋と呼ばれていました。

その昔嵐山の麓にある法輪寺の中興の祖「道昌(どうしょう)」

というお坊さんによってかけられた橋のためこのように呼ばれていたそうです。

 

今は渡月橋と呼ばれていますが、

時代を下ること鎌倉時代、亀山天皇が満月の晩にこの地で舟遊びをされました。

そこからこの橋を眺め、

「くまなき月の渡るに似る(曇りのない夜空に、満月が橋を渡っていくようである)」

と感想を漏らされたことから、渡月橋と呼ばれるようになったと言われています。

 

橋からみる清流はとてもきれいです。

 

 

冬の嵐山は底冷えしとても寒いですが、

その寒さがかえって空気を澄んだものにしてくれているようです。

京都ならではの寒さと空気を楽しめるのはやはりこの時期ならでは

でないでしょうか。

 

今の時期にぜひ嵐山へおこしやす。平沼 

 

 

| 権太呂 | 17:38 | comments(0) | - |
壬生寺・節分祭とだるま守り

みなさまこんにちは!松本です。

暦の上では立春を過ぎましたが、いくら今年が暖冬とは言え、寒いものは寒い!

布団から出るのが辛い時期ですね。

そんな中、2月3日の壬生寺の節分祭に行ってきました。

 

壬生寺はご存知、新選組と縁の深いお寺です。

境内の壬生塚には隊士のお墓もあり、新選組にゆかりのある地を巡るうえで欠かせない場所でもあります。

 

阪急大宮駅から歩いて数分のところにあります。

近づくにつれて行き交うひとたちみんな同じ黄色い袋を持っています。

何やろ?と思いつつ歩いていると、着きました。

 

 

人多い・・・!

 

お寺の近くは歩行者専用になり、屋台がずらりと並んでいます。

 

私は今回初めて行ったのですが、こんなに賑やかとは知らず・・・

 

 

 

屋台に気を取られながら、参詣の列に並びます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。しっかりお参りしてきました。

 

ところで壬生寺と言えば、 700年の伝統を持つとされる壬生狂言が有名です。

重要無形民俗文化財でもあり、融通念仏の中興者・円覚上人の教えを分かりやすく広めるため、

無言の身振り手振りが始まりとされています。

節分祭の2日・3日は、この壬生狂言のうち「節分」という演目が参詣者の 厄除けと開運を祈願して繰り返し上演されます。

 

 

今回はこの演目も目的だったのですが・・・

まだまだ予定の時間まであるとふらふら辺りを散策していたら、あれ?

並んでいる人はずの人たちがいない・・・境内にいる警備員さんに聞いてみると、

「すみません。次は1時間後です。」とのこと。

どうやら定員に達したからか、早めに演目がみられるホールにみなさん移動されたようでした。

しかし予定があり次の公演は待てない・・・

 

 

何しに行ったの?と言われそうなので、せめて何か形になるものを、とお守りを見てみることに。

可愛い「だるま守り」を1つ購入することにしました。

そこでやっと、みんなが持ってたあの袋を発見!ああ、みんなが持ってたのはこれだったんですね。

 

 

狂言を見たかった・・・と後ろ髪惹かれつつ、帰路につきました。

つぎはもうちょっと余裕を持って行くことにします。。。

 

帰り道、嵐電の大宮駅(阪急大宮駅のすぐとなりにあります)の時刻表の下にこんな飾りが。

イベントごとの嵐電さんの飾りつけは(いきなり見るとちょっとびっくりしますが)凝っていて見るのが楽しいです。

 

 

 

  

 

節分祭、他にも各寺社によってさまざまなものがあり、いろいろと巡るのも楽しいですよ。

気になった方は訪れてみてはいかがでしょうか。

 

今回も、最後までお付き合いいただきありがとうございます。(松本)

 

| 権太呂 | 15:38 | comments(0) | - |
007包装部に侵入

みなさま、こんにちは。林です。

 

普段は事務所でパソコンをさわったり、

お電話をとったりしておりますが、

今日はある命を受けて、包装部に侵入してみました。

 

今日の使命は、包装部ではいったい何がなされているかの

極秘調査です。

 

 

あ、こ…これは! 黄身がとろーり美味しいんですよね!

 

 

むむ、これはもしや…

 

 

わかりました。大人気の「鍋焼きうどん」の包装中でした。

 

 

これはじゅわーっと味がしみた甘あげがのった「ゆできつねうどん」。

 

 

お、これは「ゆでしっぽくうどん」の包装途中経過のようです。

 

 

こちらは個包装の「黄金の一汁(ひとしる)」。

 

ならべるとキレイです。

 

ひとつひとつ手作業で丁寧に箱や袋におつめして、

お客様のもとにお届けしております。

包装部のスタッフはスピーディにきれいに包装作業をしつつ、

商品の中身にも常に目を配っています。

とても緊張感のある現場でした。

 

次回はまた違う部署に侵入してみたいと思います。

 

ふっふっふ

 

(林)

 

 

 

 

 

 

 

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | - |
権太呂社長 藤本和洋のブログ Vol.58

皆様お元気ですか?

2月は、節分に加えてバレンタインデーも控えています。

いま、お気持ちを伝えたいお相手はいますか?

今月は「意思に気付く」ことをしてゆきましょう。

周りの声もそうですが自分自身の心の声も

しっかりと聞いてバランスを保ちながら過ごしましょう。

バレンタインを迎えるにあたって

上手く恋のチャンスをつかめればいいですね。

ただし何があっても客観的に考えることを

忘れないようにしましょう。

主観的な勘違いや思い込みには注意が必要です。

純真無垢な心でありのままを受け入れられれば

納得のいく展開になるのではないでしょうか。

「素早く動く」

他の人が迷ってしまうような場面でも

スピーディーな対応が出来ればいいんじゃないでしょうか。

「迷ったらまず動いてみる」のもいいでしょう。

もし煮詰まりを感じたら

流れに身を任せてみるのもいいでしょう。

人からのアドバイスは素直に受け取り

よこしまな考えは手放しましょう。

「自分磨きを忘れずに」

毎日のお仕事や節約、スキンケアやダイエットなど…

これまで色々と努力を積み重ねてきたことや

継続してきたことはありますか?

まずはこれまでの行いを振り返り

最善を尽くせていたかどうか見つめ直してみましょう。

成果をあげるためにも自分磨きが大切です。

2月も皆様にとって幸せな月になりますように。

             藤本和洋

| 権太呂 | 13:30 | comments(0) | - |
松尾大社で開運パワー

こんにちは、下です。

2020年を迎えましたが、さらなる開運パワーをもらいに

娘と一緒に「松尾大社」に行ってきました。

松尾大社は大宝元年(701)に建立され、酒づくりの神様として

有名です。またパワースポットとしても知られています。

阪急嵐山線に乗り、「松尾駅」の改札を出ると、大きな鳥居が目に入ります。

そして、次は少し小さめの鳥居がそびえ建っています。

先に進むと・・・

堂々した立派な楼門があります。

楼門をくぐると・・・

本殿に到着し大きな絵馬が飾られていて

とても迫力がありました。

とってもかわいいので「恋みくじ」をひいて、

境内を散策して、パワーをもらった気分になりました。

他にもたくさん見どころのある「松尾大社」です。

嵐山方面に行かれるなら、ぜひお立ち寄り下さい。

 

| 権太呂 | 19:21 | comments(0) | - |
Page: 1/115   >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •       1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode