ブログ

町なかのちいさな神社

皆さま、こんにちは!吉武(緑)です。

日中は暑い日もありますが、朝夕は心地のよい風が通り、お散歩が楽しい季節ですね。

 

京都市内、お散歩をしていると、必ずと言ってよいほど神社やお寺を目にします。

今回は、町なかにある小さな神社をご紹介!

 

 

烏丸四条を南に下がり、烏丸高辻を西に入ったビルの隙間に佇むこちらの神社、繁昌社です。

 

この繁昌社で祭られているのは、「田心姫命」「市杵島姫命」「湍津姫命」の宗像三女神。

三女神は海上交通の神で、商品流通の守護から「市の神」として信仰されているそうです。

 

さらには、この三女神のうち「市杵島姫命」は、仏教の「弁財天」と解されることから、

商売繁盛・諸芸上達のご利益があるとのこと。

 

なかなか仕事運が上がりそうな神社です。

そんなご利益もあり、この一角の町名が繁昌町となって周りにはオフィスが立ち並んだのかしら・・・。

と思ったのですが、説明書きを読み進めると、もう一つ別の種類のご利益が!?

 

それは「縁結び」!

 

元々「班女ノ社」「半女ノ社」と呼ばれていたこの神社、転訛して現在の「繁昌社」となったそうなのですが、

ある書物には、「班女と繁昌は同音の為、男女参拝し子孫繁栄を祈願する」と書かれ、縁結びの神としても詣でられているとのこと。

 

仕事もプライベートも、なんとなくいいことが起こりそうな、いや、起こってほしいな〜と欲深くなりそうな繁昌社、

機会がありましたら、ぜひお立ち寄りを♪

 

 

| 権太呂 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
金運UP?!御金神社

こんにちは!松本です。

新しい時代・令和が始まり、史上初の10連休のゴールデンウィークが終わりました。

皆様はどのように過ごされたでしょうか。

 

今回は二条城近くにある、「御金神社(みかねじんじゃ)」に行ってきました。

こちらは名前の通り、金属類を護り、特に通貨として用いられる金・銀・銅のお金を護る神社です。

金運アップのパワースポットとして全国からお参りに来られる方が後を絶ちません。

実は権太呂ブログでも何度かご紹介しているこの御金神社。

煩悩がにじみ出るようですが、ちょっとでもご利益に賜れるようにとお参りしてきました。

さて、令和の私の金運はいかに?!

 

お近くにお越しの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

| 権太呂 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
権太呂社長 藤本和洋のブログ Vol.49

5月からはいよいよ、新元号「令和」の時代ですね。

新時代のはじまり、そして春から夏へと一歩近づく

この季節、私は自分を高めることに努めます。

ゴールデンウィークから始まる5月。

この時期「5月病」という言葉があるように

少しルーズな気分になる方がいらっしゃるようです。

ですがそんな中でも、大切な人や周囲の方との約束を

守るように意識することで、信頼感や安心感がアップします。

そしてそれはお相手とより素敵な関係を築いていくことにもつながります。

私は仕事においてルーチンワークを大切にしようと思います。

当たり前になっている日々の習慣について

ひとつひとつをしっかりとこなしてゆくことを意識します。

毎日していることだからと思わず

初心に戻るような気持ちで改めて力を入れてみます。

すると今まであまり意識していなかった部分で

思わぬ成長や進歩が見えてきます。

ここで感じた進展がさらなる前進に繋がっていきます。

思い切って動いてみることが嬉しい結果を

呼んでくれるかもしれません。

私は前向きな流れは自分で作っていくのだという

気概を持って行動してみます。

そうすると歯車が嚙み合ったようにさまざまなことが

タイミングよく進展していきます。

最後に「感動を大事に」

言うなれば今が新たな物語のはじまり。

これからにいろいろなことを期待しましょう。

その期待を実現化してゆくのに

今を正確に見極め、空を舞う鳥のように外側から

現状を見下ろしてみるのがおすすめです。

違う視点で物事を考えてみれば新たに気づくこともあるはずですし、

未来へと大きな一歩を踏み出す勇気も湧いてくるはずです。

ですが願う未来、前だけを見て歩き続けることは

なかなか簡単ではありません。

だからこそ、時にはちょっと立ち止まって、すぐ近くにある

幸せや喜びを味わいながら進んでいきましょう。

                 藤本和洋

 

 

| 権太呂 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
新緑の京都

こんにちは平沼です。

平成も終わり令和の新しい時代がやってきました。

今後とも権太呂を宜しくお願い致します。

 

 

5月に入り新緑が美しい季節になりました。

京都のあちらこちらで青々とした木々を見ることができます。

こちらは東山にある辰巳神社(たつみじんじゃ)です。

辰巳神社は「祇園のお稲荷さん」の名で親しまれ、

祇園町にかかわる人たちのシンボル的な存在になり、

芸子さんや舞妓さんたちを中心にした祇園芸能に関連する

人たちから親しまれています。

 

 

 

 

辰巳神社近くの京都祇園白川周辺は白川の清流が流れています。

白川沿いには季節の花や木々が咲いてとてもきれいです。

 

この時期の京都ではあちらこちらで青々して木々が見れます。

是非京都をあちこち散策してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 権太呂 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
心静かなひとときを

みなさまこんにちは、林です。

 

京都といえばお寺や神社のお話が多くなるのですが、

今回は教会をご紹介します。

街のど真ん中、三条河原町を少し上がったところにある

カトリック河原町教会です。

 

 

この三角屋根は、旧ロイヤルホテル横に建っています。

最初の教会は1888年にこの地に建てられましたが、

1967年に建て替えられ現在の姿となりました。

近代的な建物ですが、屋根の曲線は日本古来の神社様式を取り入れたのだそうです。

 

 

入り口で皆を迎えるマリアさま。

 

 

 

 

 

中は美しいステンドグラスで彩られています。とても厳かな空間です。

パイプオルガンもあり、聖歌隊の合唱とともにミサが行われます。

京都に来られた外国の方には英語のミサも行われます。

最近は外国の観光客の方が増え、満席になるくらいなのだそうです。

 

信者の方でなくても、ここで心を落ち着けて自分を見つめる

静かな時間をすごしてみるのもいいかもしれません。

 

繁華街の真ん中にある、静かなスポットでした。

 

| 権太呂 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
美山町 大野ダム公園

こんにちは、下です。

今週も桜シリーズ第3弾と致しまして、美山町にある大野ダム公園の桜をご紹介致します。

訪れたのは4月上旬頃でしたので、来年の参考にして頂ければと思います!

美山町の西玄関に位置する大野ダム公園は、桜・青葉・紅葉そして雪景色と

四季折々に楽しむ事ができる美しい自然公園で、府内有数の観光行楽地として親しまれています。

府内でも有数の桜の名所として、春は多くの花見客でにぎわっております。

春にはさくら祭、秋にはもみじ祭のイベントが開催されているので、

また紅葉の時期に足を運びたいと思います!

 

 

| 権太呂 | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/107   >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode