ブログ

超有名なお寺に参る前に…

みなさま、こんにちは。

 

6回目の登場となります、調理部の柴田です。

3月になり寒さも緩まってきたこの頃、皆さま如何お過ごしでしょうか?

春も目の前となり心浮かれる日々ですね。

 

今回は清水寺の参詣道を進みながら途中の寄り道をご紹介したいと思います。

 

阪急河原町駅の1B出口より出て木屋町通を松原通りまで下ります。

 

京の都から清水寺までの参詣道は、

松原橋を渡り松原通りを東へ進み清水坂へ向かうこの道が最も一般的でした。

松原橋は豊臣秀吉が五条大橋を現在の位置に架け替える前はこの地にあり、

牛若丸と弁慶の決闘があった「今日の五条の橋の上」とはこの橋の上を指します。

 

松原橋から北側を望む

 

川端通を越えると途中には京都の風情を感じられる通りもあります

 

東大路通に出るまえに何の変哲もない交差点

 

ですがこの交差点の名は「六道の辻」

 

この辺りは「鳥辺野」(大谷本廟から清水寺の下付近)へ葬送する際の野辺送りの場であったため

「六道の辻」と呼ばれ、この世とあの世の境と言われていたそうです。

 

六道の辻の横には「西福寺」という、嵯峨天皇の皇子が病気から回復したことから

子育て地蔵で知られるお寺があります

 

境内にある無数の地蔵は水子供養のようです

 

また西福寺の向かいには子供を産み亡くなった母親の亡霊が、残した赤子に飴を買い与えた伝説の残る、

幽霊子育飴で有名な「みなとや」というお店があります

 

このあたりの町名は「轆轤(ろくろ)町」と言います

 かつてこのあたりから多くの「髑髏(どくろ)」が掘り出されたことからこの名がついたそうです

 

「六道の辻」からさらに進むと「六道珍皇寺」というお寺があります

 

入り口はこんな感じ

 

入り口の横には「六道の辻」の石碑

 

さらに横には「小野篁(たかむら)卿旧跡」の石碑

 

境内はこんな感じ

 

「迎え鐘」があるお堂

 

お堂の中央部に太い紐があり、これを引っ張ることで堂内で鐘が鳴ります

 

八月の七日から十日までの四日間は「六道まいり」が行われ、

ご先祖様を迎える鐘を鳴らしに来る人が多く訪れます。

このお寺には小野篁作の閻魔大王像と小野篁像が祀られています。

 

閻魔大王像

 

小野篁像

 

小野篁は昼は嵯峨天皇、夜は閻魔大王に仕えたという伝説の人物で、

このお寺には篁が使ったとされる冥土に通じている井戸があります。

 

祠の右側に見えるのが「冥土通じの井戸」です

 

冥土への往復に使ったとの説もありますが帰り道にのみ使用し、

行きは鳥辺野と同じく葬所であった嵯峨野の化野に冥土に通じる井戸があり、

そちらを使用したとの説もあります。

松原通は東大路通を過ぎる辺りから観光客の姿も多くなり、五条坂、三年坂と合流すると人通りは激しさを増し、

テレビなどで見る混雑した清水寺の参詣道になります。

市内中心部から清水寺に向かわれるときはこの道を通り、伝説を感じてみてはいかがでしょうか?

 

 

おまけ

「六道の辻」を南に下れば空也上人立像などの重要文化財を多く蔵している、「六波羅蜜寺」があります。

「六波羅」は「轆轤原」から転じて名付けられたとの説があります(諸説ありますが…)

 

 

 

 

 

調理部 柴田

| 権太呂 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
賀茂川釣日記

こんにちは、調理部の樫尾です。

 

今年も賀茂川上流のあまご釣りが解禁になったのでさっそく行ってきました。

渓流釣りを始めて3度目の解禁を迎えたのですが、

ワクワクして気合が入り家を早く出すぎてしまい、

山の中の小さな街灯の下で寒さに震えながら、

一時間ほど明るくなるのを待つことになってしまいました。

 

 

そして、やっと沢に下りれるようになり、昨年自分の中では

釣果の良かったポイントに入ることが出来たのですが…

 

 

 

30分くらい付近のスポットを探ってみたのですが、

アタリもなし、魚影も見えず、

朝一テンションも下がってしまいました。

 

今日は初日なので、良いポイントは先に人が入られていると思ったのですが、

運よくもう一つのポイントが空いていて、さっそくイクラを付けて投げると

竿先にアタリがありました。

その上には木の枝があり、強引に斜めに引き上げると同時に糸が切れて

今年初の魚はバラシてしまいました。

 

 

この川にはあまご以外にニジマスも放流しており、

以前よりサイズが大きくなっているみたいです。

 

 

その後も魚の反応はあり、今度はていねいにやりとりをして

釣り上げることが出来ました。

そして本命のあまごが釣れて楽しむことが出来ました。

 

 

釣果は昼までに10匹強でした。

今年も渓流釣りと賀茂川上流の四季折々の風景を楽しみたいと思います。

 

(樫尾)

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
権太呂社長 藤本和洋のブログ Vol.47

もうすぐ冬が終わり春が始まりますね。

つまり1年が1周して、新たな季節が生まれるということです。

今までの季節の成果が現れる時期です。

物質面はもちろん、精神面でも変化が出てきますので

きちんと現状を見直していけば

両方で得られるものが出てくるでしょう。

キーワードは”手にする”です。

「私はこれから欲しいものをたくさん手にする」と

自覚しましょう。

少しでも幸せに近づいて貰えると嬉しいです。

「平常心を大切に」

冷静さを持ってチャンスをつかみ取りましょう。

「解放」

お仕事の中で「アレができない」「コレができない」

なんて考えに囚われないようにしましょう。

自分を楽にしてあげる方法を考えると良いかもしれません。

「頑張らない」をキーワードにしていくと

思わぬ追い風が吹くかもしれません。

新年度の為に準備や買い物をしましょう。

お休みの日には、今後に備えて楽しくショッピングを

してみてはいかがでしょうか。

素直になり良い流れに乗って心が求める方向へと

進んでいきましょう。

やってみたいことに、どんどんチャレンジして

ツキをつかみましょう。

過去に取り組んでいた物事へもう一度向き合うのも

良いかもしれません。

思わずワクワクすることがあれば取り組んでみましょう。

「心の声を聞く」

自分の内なる叫びに耳を傾けてその本当に大事なものを

ぜひ、丁寧に扱ってあげてくださいね。

自分を最優先に考えて、その上でご自身に関わる方々の

想いにも心を配っていきましょう。

               藤本和洋

| 権太呂 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
気比神社

上原です。

 

今回は、京都を少し離れて福井県敦賀市です。

 

本当は名物の鯖の串焼きを紹介したかったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

因みに鯖の串焼きおススメの場所は敦賀インターから車で10分位にあるとれとれ市場です。

 

(おすすめシーズンは秋から冬です)気になった方は少し調べていただければすぐに解ると思います。

 

この時に一緒に行った所が日本三大木造鳥居の一つが有る気比神宮です。

 

ここは西暦702年に造営されたとされておりとても古くかある神宮で北陸道総鎮守とされており

 

北陸から畿内入り口であり、外交的にも朝鮮半島や中国東北部への玄関口にされていたとされ

 

とても慎重にされていたみたいです。

 

それではその神宮入り口に鎮座する大鳥居がこちらです。

遠目ではそれほど大きく感じませんでしたが、近づくにつれてその大きさに驚かされ

 

最後に鳥居の手前の石橋の上に立つと圧倒的な迫力です。(流石日本三大木造鳥居)

 

中に進むと鳥居と本殿の間に

写真の様な手水場があります。

 

ここの水は「長命水」と呼ばれており、全国的にも有名パワースッポトにもなていて

 

こちらの水を水筒などに入れて持ち帰る方も大変多いみたいです。(私も持ち帰りました)

 

そしてその奥に

本殿がありお参り致します。

 

敷地内にはほかに松尾芭蕉が訪れた時に詠んだ詩の石碑と石造などもあり

 

軽い散策にはもってこいだと思いますよ。

| 権太呂 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
壬生寺と新選組壬生屯所(八木家)

みなさん、こんにちは。調理部の小田です。


四条から坊城通りを南へ下がった場所にある壬生寺。

ご存知でしょうか。

 

 

 


本尊の延命地蔵菩薩をはじめ、多数の地蔵菩薩を祀っています。
地蔵信仰と共に、厄除・開運の寺としても知られており、2月の厄除け節分会は、約900年の歴史があるそうです。


この寺の境内は、新選組が大砲や剣術・馬術の訓練をした場所としても有名で、壬生塚には、近藤勇の胸像、芹沢鴨らの墓塔があります。
池田屋騒動があったとされる祇園祭宵山の7月16日には、毎年慰霊供養が行われています。

 

 

 

 

 

 

 

壬生寺の北側にあるのが新選組が結成された壬生屯所(八木家)です。

残念ながら門内の撮影はできませんでしたが、当時の浪士たちの暮らしの様子が生々しく伝わってくるような室内でした。

 

 

 



皆さんご存知かとは思いますが、新選組誕生のいきさつをお話しします。
幕末の文久3年(1863年)春、14代将軍川家茂上洛にあたり、その警護のために宿所を求めましたが、間もなく江戸に呼び戻されることになりました。しかし、その中で八木家を宿所としていた13名は浪士隊から分かれて京に残り、その後、この家を拠点に新選組が誕生しました。


壬生に生まれ幕末の京都の治安を守った新選組。

わずか3年という短い間の屯所時代でしたが、これが真の新選組の姿ではないでしょうか。

 

調理部:小田
 

| 権太呂 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅の名所へ

みなさん、こんにちは
一年で最も寒い時期ですが、季節は少しづつ春へと進んでいます。



先日、2月12日梅花を見に行ってきました(まだちらほら3分咲き)

京都はなんと27個所ものスポットがあるそうです。

その一つの北野天満宮に行ってきました。全国でも有数の名所です。

白梅、赤梅、しだれ梅と50種類の梅の木約1500本が植えられています。


1月上旬〜3月下旬ごろまで見頃が続き、約3カ月近く梅の花が楽しめます。

1月に咲く早咲きは冬至梅、寒紅梅など1月中に見頃を迎えます。

2月からは紅梅、白梅、一重、八重などが順番に開花、そして3月上旬に見頃を迎えます。(2月下旬〜3月上旬がピークの見頃でしょう)

2月25日は梅花祭と梅花祭野点大茶湯が開催、上七軒の芸枝さんたちによる野点を楽しむ事が出来ます。

梅苑の開演時間は午前10時から午後4時まで

入園料が大人800円中学生600円それ以下の子供が300円です。



もれなく香梅茶とかんこうばいとゆう菓子が付いてきます。

是非お時間のある方はお立ち寄りください。梅花の香りとほっこりしたひとときになりますよ。

もう少し寒い日かありますが体調に気をつけてください。


ご覧頂きありがとうございました。

蔵元
 

| 権太呂 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/105   >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
Calendar
  •      12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode