ブログ

金、金、金の世の中で...

みなさま、こんにちわ
包装を担当しております、大角です。

 

今回は強力な金運上昇のパワースポットとして名高い御金神社です。


 

御金神社は、京都市中京区のビルやマンションの並ぶ細道を入った所にある小さい神社で
黄金に輝く鳥居が特徴です。

 

この御金神社の祭神は、日本神話に登場する金山毘古神(かねやまひこのかみ)で
鉱山、鉱物の神として金属全般にご利益を授けてくれるとの事です。

 

 

社殿が建立されたのは明治16年です。
地域の人たちからは金神(こんじん)様の愛称で親しまれ、参拝されるようになりました。

また、パワースポットでメディアに取り上げられ知名度も上がり全国から参拝される方も多いようです。
(この日も平日でしたが、ちょこちょこ来られていました。)

 

 

この大量の絵馬は御神木であるイチョウの木がモチーフになっており、様々な願い事で溢れております。
まさに人に欲求は青天井ですね!

 

そして金運上昇の味方でもあるお守りの一つの福財布というものがあります。

当初は大事な物を収納する縁起物の財布として作られた黄金色の布製のものですが、
抽選前の宝くじを入れていたら当選したという報告が相次ぎ、
今では宝くじを保管する入れ物として使っている方が多いようです。

 

(この前、権太呂をご紹介頂きました青空レストランに出演されていた、宮川大輔さんも
宝くじを購入するときに持っていたとかで有名になったこともあるようです。)

 

御神木のイチョウの落ち葉にもパワーが宿っているとのことで、福財布にいれるのもあり!

 

今回ご紹介した御金神社は全国でも珍しいお金にまつわる神社で、
お詣りした年は金運に困らないと言われており、新年は特に混み合うようです。

 
自分自身も今年はレベルの違う金の雨を降らせれるようになることを祈ります!

 

皆様も金運アップ上昇を願いをこめて是非訪れてみてください!

 

(大角)

 

| 権太呂 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
3月のプレゼントクイズ

  
こんにちは、緑です。

 

先週の3連休から今週にかけて

京都でも卒業式を迎えた晴れ姿の方々がたくさん見られました。

別れもあるけど、出会いもたくさんある春は

なんだかワクワクした気分になりますね!

 

今回も『3月のプレゼントクイズ』にたくさんのご応募を頂きまして
ありがとうございました。

3月のプレゼントクイズ解答と当選者の発表です!

答えは 1.ホタテ でした。

今回の当選者の方はこちらです!


  ↓      ↓      ↓

東京都 蔵重 様

 

東京都 田辺 様


神奈川県 氷上 様


  ↑      ↑      ↑


おめでとうございます!

『春の一汁おでん2人前』をお送り致します。

権太呂自慢の出汁が光る具材たっぷり春色おでん、ぜひともご堪能くださいませ。


そして、現在開催中のプレゼントクイズはこちらから!

今回は、『権太呂の定番ごはんセット』を3名様にプレゼント致します。
権太呂自慢の出汁が香る定番の炊き込みご飯の素、親子丼、きつね丼を詰め合わせてお届け致します。
クイズの題材でもある「鯛めしの素」を含む、ご飯のページはこちらから。


ご応募とともに、権太呂へのメッセージや、
心に浮かぶつれづれ、ぷっと笑える話、こんなん知ってる???等々
どんなことでもお寄せくださいませ。「そんなん知らんかった〜」というお話を
教えて下さった方には・・・
きっといいことが…あるかもしれません! 4月24日(月)の締切です。
たくさんのご応募とメッセージ、お待ちしてまーす!  (緑)

| 権太呂 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
京の通称寺めぐり

 

今回ブログを担当します、包装部 稲垣です。

 

よう おまいりやす 京の通称寺、だるま寺(法輪寺)へ行ってきました。

 

 

だるま寺は合格祈願、家内安全、病気の全快、失敗からの再起、仕事や会社の目標達成、選挙の当選必勝など心願成就のだるまさんでいっぱいです。

 

堂内には、手足を包んで倒れない起き上がりのお相を表している達磨大使が祀られており、インド・中国・日本で随一のだるまさんです。

御真言は「おんだーまそわか」

一息で七回唱えてから拝みます。

 

他にも様々なだるまが祀られており、天井にも迫力のあるだるまさんの絵があります。

 

京都には多彩な愛称をもった ぬくもりのある寺が数多くあります。

また次回ご紹介いたします。

| 権太呂 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
北野天満宮の春

 

寒い時期がようやく終わり、少しずつ暖かくなってきましたね。

ふと気づけば、もう3月ですものね。

昼間の陽射しは、とても暖かいですし、日中は上着なしでも過ごせますね。

今までは、寒い寒いと思っていた日々。

しかし、季節は着実に春へと向かっていましたね。

外は、少しずつ暖かくなり、ぽかぽかしてきましたしね。

外気が寒いと外に出歩くのも辛いですよね。

ですから、なかなか冬の時期には外には出にくいものですよね。

そこで、この陽気な雰囲気に導かれて、久しぶりに外に出てみましたよ。

うぉ〜ビックリです。

いつの間にか、自然は春を先取りしていたのですね。

綺麗な花がちらほら咲き始めています!!

       

こうしてはおられません!春の息吹が感じられる自然を堪能しに行きましょう〜って、

急な思いつきで、京都の勉強の神様で知られている北野天満宮に行きました。

      

北野天満宮と言えば、菅原道真公をお祀りした神社であり、天神さんの愛唱で親しまれており、

紅葉で有名な京都の神社です。    

1月下旬から3月下旬までは天神さんの梅開きである梅苑を公開しています。

     

ここには、菅原道真公ゆかりの梅たち、50種、約1500本の梅の木々が植えられています。

白梅、紅梅、一重、八重などたくさんの色が咲き乱れ、春の香りを運んでくれます。

        

梅の花は、近くから見ても遠くから見ても、綺麗で、小さなかわいらしい花ですね。

春先の風景にぴったりの花景色だと思いますよ。

連日、多くの人が春先の花見見物に訪れているとの事です。

この日も、曇りがちな天気にもかかわらず、たくさんの見物人客であふれていましたよ。

   

梅苑公開に合わせまして、宝物殿でも特別開催がされています。

                

今、ゲームの刀剣乱舞のヒットを機に改めて日本刀に熱い関心がもたれており、

北野天満宮の所蔵する髭切こと「鬼切丸」などを特別に公開されています。

奉納された刀の数々を見ることができる数少ないチャンスでありますよ!

今しかないですね。

    

北野天満宮は、梅に囲まれており、

春の訪れを感じられる素晴らしいところです。

受験シーズンにも当てはまる時期であるため、たくさんの合格祈願者が訪れます。

合格祈願者たちは、不安や緊張、余裕がない、焦り、など様々に揺れ動いている気持ちを

抱えているはずです。

この気持ちを静めるために、梅の花はあるのではないかなぁ?って考えてしまいます。

このシーズに咲くかわいらしい梅の花は、

飾らず出しゃばらない、穏やかで控えめで品があるからこそ

見ている人へ、ひと時の安らぎ和みを与えてくれるような気がしますね。

それでは、色々な梅の写真をご覧くださいませ。

   

北野天満宮の梅は、この時期だけです。開花具合に合わせて来てみてはいかがでしょうか?

小さな色とりどりの梅の花を見て回るだけで、心は癒されるでしょう。

ぜひ、おこしやす〜です。

自然は早くも春を感じ始めていますからね。

まだまだ寒いと思っていたけど、春はもうすぐですね。

皆様も外に出て、春の訪れを探してみてはいかがでしょうか?

   

                                うぐいす〜!?

北野天満宮にお越しの際は・・・・・・・

北野天満宮から近い距離にあるのが、京都権太呂 金閣寺店です。

京都の観光名所、金閣寺と龍安寺を結ぶ観光道路「きぬかけの道」に面しており、

こじんまりとした京都らしさが感じられる建物です。

             

ここでは、今の時期しかいただけないお蕎麦を販売しています。

爽やかな風味と香りを楽しめる早春お蕎麦はいかがでしょうか?

  手打ち春菊天ざるそば御膳

           

   春の訪れを感じる春菊を練り込んだ変わり蕎麦です。

   価格:2100円(税別)

京都権太呂 石原でした。

| 権太呂 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都の街角2

製麺を担当しております。福田と申します。

 

京都には、有名な寺社・名所が数多くありますが、

見過ごしてしまう街角にも歴史を感じるものがたくさんあります。

 

これもそのうちの一つ。

場所は、二条城の北角近くにある公園ですが、ここには小さな祠があります。

 

 

 

何が祀られているかというと、”ぬえ”という妖怪なのです。

 

時は平安時代。近衛天皇の頃。

御所の上空に、毎晩、怪しい黒雲が現れ、カラスのような鳴き声が聞こえてきたそうです。

その気味悪さゆえ、病気になる人々も多く、

弓の名手だった源頼政に退治の命が下され、弓を射ると怪しい物体は二条城の北の方に落下したそうです。

その姿は、頭は猿、体は狸、手足は虎、尾は蛇のような妖怪だったそうです。

 

その血を近くの池で洗い、祠を建てたそうなのですが、

この”ぬえ”という妖怪には正体の分からない物という意味もあり、

一説には、方角を表す干支「寅(虎)-北東」「巳(蛇)-南東」「申(猿)-南西」「乾(犬、狸、狐と混同していた)-北西」の合成で、

東西南北を45°回転させたこの”ぬえ”十字は、

東西南北の碁盤の目のように作られた京都に交わらない不吉な意味があったとも言われます。

 

 

池の跡地

 

 

でも、もしかすると、妖怪騒ぎを隠れ蓑にした政権争いがあったのかもしれませんね。

 

 

兎にも角にも、京都には歴史的なミステリーがたくさん隠れています。

そんな視点で街を歩いてみるのもいかがでしょうか。

 

(福田)

| 権太呂 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
権太呂社長 藤本和洋のブログ Vol.23

お元気にしていらっしゃいましたか?

早くも 又、1ヶ月が過ぎました。

雪が多く降った冬も終わり、

春の気配を感じるようになりました。

 

冬にためこんできたエネルギーを活かす時期が来ました。

春になるとこれまで出来なかったことがどんどん出来るようになります。

 

春夏秋冬の終わりですので季節ベースでの1年を振り返るのも良いかと思います。

「あの時、こうしていれば良かった」とか「何か出来ることがあったかもしれない」と

思った出来事はどのくらいあるでしょうか?

たくさんあると、その分だけ強くなれるので 又、一歩、幸せに近づけます。

 

幸せに繋がる出来事がたくさん起き始める時期ですので、今を大切に

突き進んでいきましょう。

 

皆様に幸せが訪れますように。

                         藤本和洋

| 権太呂 | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/81   >>
menu
  • 権太呂スタッフの「旬な京便り」
  • 「お知らせ」
Calendar
  •    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
Entry
Category
※が付いているカテゴリーは、
現在お休みを頂いているカテゴリーです。

Search

Comment
Archives
Feed
Others
Mobile
qrcode